基盤・社会脳科学

言語学や実験心理学と、情報学の脳の情報処理を組み合わせた方法で、ヒトが考え学習する働きや社会的なコミュニケーション力など認知のしくみを解き明かす~認知脳科学という新しい基盤を作る

脳イメージング   意思決定に関わる神経回路   障害など脳機能と遺伝子   光照射による脳の制御   感情の理解

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
岡村均

筑波大学

医学群 医学類
【 主な研究者 】
設樂宗孝
人間学群 心理学類
【 主な研究者 】
小川園子

東京大学

教育学部 総合教育科学科 身体教育学コース
【 主な研究者 】
多賀厳太郎
医学部 医学科
【 主な研究者 】
尾藤晴彦

東北大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
筒井健一郎

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
高木新
医学部 保健学科 作業療法学専攻
【 主な研究者 】
飯高哲也

生理学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

広島大学

医学部 医学科

【社会脳科学】 神経経済学の概念を利用した行動・意思決定の脳科学について、うつ病など臨床群も取り入れながら、オリジナリティの高い研究をしている。

首都大学東京

人文社会学部 人間社会学科 言語科学教室

【言語科学】 言語と社会の脳科学について、オリジナリティの高い研究を推進している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Stanford University/スタンフォード大学(米)

【イメージング手法開発、回路研究、光遺伝学】 イメージング技術開発で優れた業績を上げているMark J. Schnitzer先生が在籍。また、光遺伝学のパイオニアKarl Deisseroth先生も在籍。

University College London/ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(英)

【認知神経科学】

University of Zurich/チューリッヒ大学(スイス)

Brain Research Institute

【イメージング手法開発、回路研究】 イメージングで優れた業績を上げている Fritjof Helmchen先生が在籍。人柄も温厚。

主な研究者

研究者詳細

中井淳一

埼玉大学
理工学研究科 理工学専攻/脳末梢科学研究センター
【脳機能の解明、神経の働きのイメージング、光による脳操作】 神経の働きをイメージングにより可視化し、また光による脳の操作によって、脳機能を解明する研究を行う。生体を傷つけないように脳活動を観察し、ヒトの脳の疾患の研究を行い、そのための技術開発をする。

高木新

名古屋大学
理学部 生命理学科/理学研究科 生命理学専攻
【神経発生生物学、光遺伝学】 脊椎動物の脳が形作られる際に神経細胞から伸び出した線維の行き先を決める分子、セマフォリンの受容体を世界で最初に発見。一貫してセマフォリンの研究を続けている。また線虫を材料に、脳神経系の伝達処理を明らかにする研究も。

橋本龍一郎

首都大学東京
人文社会学部 人間社会学科 言語科学教室/人文科学研究科 人間科学専攻
【認知脳科学】 認知脳科学とよばれる、実験心理学と脳計測技術をくみあわせた分野を専門に研究する。ヒトとは何かという人文学で扱ってきた問題を、科学、理系的にアプローチ。

松崎政紀

東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 機能生物学専攻
【シナプス、学習記憶】 神経回路研究研究で優れた成果を挙げている。

河西春郎

東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 機能生物学専攻/疾患生命工学センター
【シナプス、学習記憶】 イメージング、光遺伝学を駆使して、優れた研究を行っている。

山中章弘

名古屋大学
医学系研究科/環境医学研究所
【睡眠】 光遺伝学を駆使し、睡眠覚醒状態変化を調べることによって神経回路の動作原理について明らかにしている。

小林和人

福島県立医科大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

南部篤

総合研究大学院大学
生命科学研究科 生理科学専攻/生理学研究所

銅谷賢治

沖縄科学技術大学院大学
科学技術研究科 科学技術専攻

田中啓治

理化学研究所

金井良太

アラヤ・ブレイン・イメージング
【意識・個人差の脳基盤】

松田道行

京都大学
医学部 医学科/生命科学研究科 高次生命科学専攻
【蛍光イメージング】 蛍光イメージング法を用いて優れた業績を挙げている。

宮脇敦史

理化学研究所
【蛍光イメージング】 蛍光イメージングの手法の開発で非常に優れた業績を挙げている。

川人光男

ATR脳情報通信総合研究所

興味がわいたら

つながる脳

藤井直敬

社会脳科学という新しい文理融合型の研究について、第一人者が分かりやすく説明している。社会性という概念は、人のみならずサルなど動物にもみられる行動だ。本著では、動物と人のつながり、あるいは人の社会性の起源を考える上でヒントとなる最新の知見が紹介されている。また、著者の研究者としての経験のエピソードもちりばめられており、研究者をめざす若い人にとって、研究者の生活や必要な素養を知ることができるだろう。 (NHK出版)


皮膚は考える

傳田光洋

皮膚の持つ大きな役割と力、そして最新研究について、皮膚を「臓器」と位置付けて詳細に分かりやすく解説している。また、脳と皮膚には共通し互いに連携しあうといった様々な面白い関係があることを紹介している。 (岩波科学ライブラリー)


言語を生み出す本能

スティーブン・ピンカー

言語は社会的産物、文化的発明と思われがちであるが、実はヒトという生物に固有の「本能」であることを提唱した有名な本。人が生まれてから言語を理解し習得していく過程で、心と脳の中で何が起きているかを解説する。 (椋田直子:訳/NHKブックス)


Mind Hacks 実験で知る脳と心のシステム

Tom Stafford 、Matt Webb

最新の脳科学をもとに、解説と自分で実際にやって見られる簡単な実験を紹介する本。「自分を材料にして実験すること」で、普段は意識してはいなくとも、いかに自分自身が神経回路によって生き、行動しているかを感じられるだろう。 (夏目大:訳/オライリー・ジャパン)