免疫学

病原体や異物を見分け、取り除く体の防御システム=免疫。その精妙さの謎を解き明かし、病気の予防や治療に取り組む

アレルギー   自己免疫疾患   膠原病   オプジーボ   自然免疫

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
竹田潔

京都大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
濱崎洋子
薬学部
【 主な研究者 】
生田宏一

千葉大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
木村元子 中山俊憲

東京医科歯科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
樗木俊聡

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
吉村昭彦

その他の優れた大学

大学詳細

三重大学

医学部 医学科

がんの遺伝子・細胞免疫治療の橋渡しとなる医学研究や、マラリア研究などで国内トップの研究実績を持っている。

関西医科大学

医学部 医学科

同大学の生命医学研究所の木梨達雄先生は、日本での免疫細胞の接着と移動研究の第一人者である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

医学部

【細胞接着】 研究者の層が厚い。

Stanford University/スタンフォード大学(米)

医学部

【細胞接着】 研究者の層が厚い。

University of Rochester/ロチェスター大学(米)

医学部

【細胞接着】 ワクチンセンターがある。研究者の層が厚い。

主な研究者

研究者詳細
平原潔
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 医科学専攻

【免疫学】HIV感染症を引き起こすCD4陽性T細胞と呼ばれる免疫系の細胞について研究。HIV感染症で免疫システムが働かなくなるのは、HIVがCD4陽性T細胞に感染し、この免疫細胞の数が減ってしまうからである。免疫システムが特に呼吸器でどのように働くかを精力的に研究する。

緒方正人
三重大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻

【免疫学、炎症学、慢性炎症】人は肥ると、病原体侵入とは関係なく弱い炎症が起きる。この炎症は、気づかぬほど弱いがずっと続く。これを「慢性炎症」と呼ぶ。この慢性炎症が、体のなかのどんな細胞がどのようなしくみで起きるのかを研究。生活習慣病やがん、認知症などの多くの病気にも、炎症がかかわっている。そのしくみの解明に挑む。

島岡要
三重大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻

【免疫学、炎症学、細胞生物学】細菌感染に対する生体防御のメカニズムを研究。免疫細胞が細菌を殺すために、体内で目的を持っていかに移動するか、そのメカニズム解明に挑む。具体的に、細胞間でのコミュニケーションを司る接着分子システムの機能を理解することによって、免疫病やがん転移における細胞動態を明らかにする。

本橋新一郎
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 医科学専攻

【癌免疫療法】ナチュラルキラーT細胞を用いた新規がん治療法の開発に取り組む。

中山俊憲
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 医科学専攻

【免疫記憶】特定の抗原に対する記憶を保持し2回目の抗原の進入に対して強い免疫応答を起こす「免疫記憶」の基礎研究を行う。それは獲得免疫系研究の残された最大のテーマである。免疫記憶の分子制御機構を最先端のテクノロジーを用いて解明。ごくわずかの記憶細胞が体内のどこで維持されているのか解析を始めている。

新井郷子
東京大学
医学系研究科 分子細胞生物学専攻/疾患生命工学センター

【急性臓器障害を防ぐタンパク質】血液中のタンパク質AIMがこれまで全く知られていなかった作用メカニズムにより、急性腎障害を顕著に治癒することを見出した。AIMの血中動態と疾患病態に関する研究で世界的な仕事をしている。

鈴木亮
金沢大学
医薬保健学域 薬学類・創薬科学類/医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

【マスト細胞のアレルギー反応の研究】花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどを引き起こす「アレルギー細胞」として知られるマスト細胞を研究する。複雑なアレルギー疾患の原因を追究し、アレルギー反応におけるマスト細胞の役割を解明する世界的な研究者である。

廣田圭司
京都大学
医学研究科 医学専攻/ウイルス・再生医科学研究所

【炎症性Th17細胞】ヒトの免疫系において必要不可欠な白血球であるCD4T細胞、その中でも特に感染微生物が侵入してきたとき生体防御に重要な働きをする炎症性Th17細胞について多くの重要な仕事をする。

竹田潔
大阪大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻/免疫学フロンティア研究センター

【腸管免疫における自然免疫系の役割】腸管免疫における自然免疫系の役割について、世界的な研究、報告を次々と出している。

岡本貴行
島根大学
医学部 医学科/医学系研究科 医科学専攻

【コネキシン、細胞間情報伝達】血栓止血、細胞間相互作用による血管内皮細胞などをテーマに、細胞間の結合の仕方が血管内皮細胞の炎症や血液凝固を制御することを明らかにした。

山崎晶
九州大学
医学系学府 医科学専攻/生体防御医学研究所

【体を守る免疫受容体の研究】結核菌等の様々な病原体を認識する受容体について世界的な研究をしている。

間藤尚子
自治医科大学
医学部 医学科/医学研究科 地域医療学系専攻/高度治療部

【肺線維症】肺線維症について臨床面から多数の貴重な報告。

長谷耕二
慶應義塾大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻

【腸管粘膜の免疫応答】腸管粘膜における免疫応答について世界的な研究成果。

國澤純
医薬基盤・健康・栄養研究所

【ワクチン】新規粘膜ワクチンの開発をはじめ、様々な研究を広く展開。

清野宏
東京大学
医科学研究所

【ワクチン、粘膜免疫応答】口や鼻から始まる消化器や呼吸器の広大な粘膜面に免疫機構が存在することを証明し、粘膜ワクチンを開発。「飲むワクチン、吸うワクチン」による腸管・呼吸器感染症予防を目指す。粘膜免疫の神秘の夢を追い続ける粘膜ワクチン研究の日本での第一人者。

高木淳一
大阪大学
理学部 生物科学科/理学研究科 生物科学専攻

【インテグリンの構造生物学、細胞の接着分子】プロティンバイオケミストリーすなわりタンパク質生化学の達人。

坂口志文
大阪大学
免疫学フロンティア研究センター

【制御性T細胞】免疫応答の抑制的制御を司る制御性T細胞の発見、その働きに関する研究で世界のトップランナー。

審良静男
大阪大学
免疫学フロンティア研究センター

【自然免疫系の役割】病原体が感染すると、ただちに病原体を攻撃するようなしくみ「自然免疫」の果たす役割について研究。細菌、ウイルス、寄生虫といった感染病原体の初期認識、その後の炎症反応や獲得免疫の誘導に重要な役割を果たしている生体防御メカニズム研究の第一人者。

興味がわいたら

病の皇帝「がん」に挑む 人類4000年の苦闘

シッダールタ・ムカジー

がんは、4000年前の古代エジプトからの記述にも残る病気だ。その頃から研究者たちとがんとの闘いは始まっていたのだ。ピュリッツァー賞やガーディアン賞など、数々の賞を受賞したこの本は、がんや、がんの免疫療法の歴史を記したノンフィクションだ。 (田中文:訳/早川書房)


現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病

岸本忠三、中嶋彰

世界の一線で活躍する日本人研究者の先生方の、免疫学におけるマイルストーンとなる発見の数々。それらが、それぞれの人間模様を交えながらドラマチックに描かれている。とてもわかりやすく最新の免疫学を知ることができ、いかに免疫システムが我々にとって重要かを理解できるだけでなく、ハラハラ・ドキドキしながら一気に読み終えられること間違いなしだ。 (ブルーバックス)


独酌余滴

多田富雄

世界的な免疫学者である著者による随筆集。著者である多田先生が、研究者としての日々の中で考えたこと、感じたことをとても端正な文章で丁寧に書いている。 (朝日新聞出版)


免疫学個人授業

多田富雄、南伸坊

エッセイストでありイラストレーターの南伸坊氏が、免疫学について多田富雄先生に教えてもらうという形で書かれている。免疫学について、その歴史から最新研究までを、やさしく楽しく知ることができる。 (新潮文庫)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ