細菌学(含真菌学)

抗生物質vs.薬剤耐性菌の終わりなき戦いに挑む~病原細菌の薬剤耐性のしくみを解き明かし、感染症の診断、予防、治療法を開発

結核   MRSA   大腸菌O157   抗生物質   エフェクター分子

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

医学部 保健学科 検査技術科学専攻
【 主な研究者 】
戸邉亨

千葉大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
清水健
薬学部
【 主な研究者 】
高屋明子

北里大学

獣医学部 獣医学科
【 主な研究者 】
胡東良
薬学部
【 主な研究者 】
岡田信彦

琉球大学

医学部 保健学科 検査技術学コース
【 主な研究者 】
平井到 中尾浩史

大阪市立大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
宮田真人

その他の優れた大学

大学詳細

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科

【細菌毒素吸着剤の開発】

主な研究者

研究者詳細
清水健
千葉大学
医学部 医学科/医学薬学府 医科学専攻

【腸管出血性大腸菌O157】一貫して、下痢感染症の起因菌である腸管出血性大腸菌O157の病原性を研究。特に、O157が分泌する志賀毒素の産生機構や分泌機構の解明に取り組む。腸管出血性大腸菌の高い病原性を起こす因子である一酸化窒素還元酵素にする解析も行う。

友安俊文
徳島大学
生物資源産業学部 生物資源産業学科 応用生命コース/先端技術科学教育部 物質生命システム工学専攻

【病原微生物学】病原細菌がどのようにして宿主を攻撃しているのか、宿主はその攻撃をどのように防御しているのかについて研究。病原細菌の病原性発現機構を理解して、それを治療や感染防御に役立てることに取り組む。

柏本孝茂
北里大学
獣医学部 獣医学科/獣医学系研究科 獣医学専攻
間世田英明
産業技術総合研究所

【微生物学、細菌学、分子生物学、生化学】抗生物質耐性に関わる遺伝子がどのように産まれてくるのかを明らかにする研究。耐性菌を阻止することができるようになれば、薬が効かなくなるということがなくなる。その結果、感染症は激減する

米山裕
東北大学
農学部 生物生産科学科 応用動物科学コース/農学研究科 生物産業創成科学専攻

【微生物によるアミノ酸生産や抗生剤の開発】新しい抗生物質の取得方法を提案している。

高屋明子
千葉大学
薬学部/医学薬学府 総合薬品科学専攻

【サルモネラの病原性の解明】微生物学を専門に、免疫系における糖鎖の機能に注目した研究を通して、免疫系のしくみを分子レベルで解明する。

芦田浩
東京医科歯科大学
歯学部 歯学科/医歯学総合研究科 医歯学系専攻

【赤痢菌の病原性解析】若手で有望な研究者

藤永由佳子
金沢大学
医薬保健学域 医学類/医薬保健学総合研究科 医科学専攻

【ボツリヌス毒素の作用機序解明】新進気鋭の女性研究者

川端重忠
大阪大学
歯学部 歯学科/歯学研究科 口腔科学専攻

【劇症型溶血性レンサ球菌】ヒト口腔や鼻腔から飛沫感染する化膿レンサ球菌を研究。重篤な場合、劇症型レンサ球菌感染症と呼ばれ、進行の早い致死性疾患の原因となることがあり、俗に人食いバクテリアと称される。その感染メカニズムを検討し、国際的に評価されている。

長宗秀明
徳島大学
生物資源産業学部 生物資源産業学科 応用生命コース/先端技術科学教育部 物質生命システム工学専攻

【アンギノーサス群連鎖球菌】連鎖球菌(レンサ球菌)1つ、アンギノーサス群連鎖球菌の病原性の解析研究を行う。歯周病や消化器がんとの関連が疑われ、また近年中枢神経感染症を起こしやすい溶結性毒素が見出され、臨床的重要性が高まっており、国際的に評価されている。

畠山昌則
東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 病因・病理学専攻

【ヘリコバクターピロリ感染による発ガン機構の解明】胃の粘膜にピロリ菌が感染したヘリコバクターピロリ感染症は、慢性胃炎や胃がんの原因になることが知られている。ヘリコバクターピロリ感染による発がん機構研究での第一人者、世界的権威である。

三好伸一
岡山大学
薬学部 薬学科/医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻

【ビブリオバルニフィカスの病原機構】

興味がわいたら

細菌の逆襲 ヒトと細菌の生存競争

吉川昌ノ介

この本を読むと、相当のレベルの細菌感染症の知識が身に付くだろう。細菌学の研究者にも勉強になるほど非常に詳しく書かれている一方で、一般の人でも理解が可能なように興味深く書かれているため、多くの人が書店で購入していた。高校生にとってはまだ難しい所はあるが、現在のネット環境であればその都度調べて理解して行くことは可能だろう。 (中央公論新社)


アウトブレイク

アフリカの猿から持ち込まれた未知のウイルスの蔓延により、一つの町が消えようとする。主人公たちはウイルスの脅威と、その陰に潜む軍の陰謀、双方と戦うことになる。感染症の怖さがよくわかる映画だ。 (ダスティン・ホフマン:主演)


病原菌はヒトより勤勉で賢い 敵視でなく、共生の方法を

本田武司

病原性をもった細菌が新たに出現する「新興感染症」や、すでに制圧したと考えられていた感染症が再流行する「再興感染症」などに関して、わかりやすく解説されている。また、病原細菌がどのようにして抗生物質に対する耐性を獲得するのかについてもわかりやすく解説している。微生物は日々進化しており我々が病原細菌の感染症を撲滅することが困難であることについて解説されている。古いが非常に読みやすい本。 (三五舘)


もやしもん

石川雅之

菌が見える特殊能力を持つ青年が、農大でカビや酵母などの様々な菌に出会う漫画。様々な菌がコミカルにキャラクター化されて描かれており、楽しく菌のことがわかる。最新の本ではないが、この話を通じて微生物に少し興味を持ってもらえたらと思う。 (イブニングKC)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ