獣医学

伴侶動物(ペット)や家畜、野生動物などの医療と健康に取り組む。人獣共通感染症の治療、予防にも

鳥インフルエンザ   BSE(狂牛病)   ペットの癒し   プリオン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

北海道大学

獣医学部 共同獣医学課程
【 主な研究者 】
今内覚 大橋和彦 稲波修 滝口満喜 森松正美

東京大学

農学部 獣医学課程 獣医学専修
【 主な研究者 】
堀本泰介 内田和幸 辻本元 大野耕一 久和茂
農学部 応用生命科学課程 動物生命システム科学専修
【 主な研究者 】
村田幸久

帯広畜産大学

畜産学部 共同獣医学課程 獣医学ユニット
【 主な研究者 】
横山直明 鈴木宏志 西川義文 福本晋也 廣井豊子

岐阜大学

応用生物科学部 共同獣医学科
【 主な研究者 】
杉山誠 高島康弘 海野年弘 酒井洋樹 村瀬哲磨

鹿児島大学

共同獣医学部 獣医学科
【 主な研究者 】
白石光也 田仲哲也 大和修 安藤貴朗 三浦直樹

日本獣医生命科学大学

獣医学部 獣医学科
【 主な研究者 】
田中良和 鈴木浩悦 塚田晃三 盆子原誠 池和憲
獣医学部 獣医保健看護学科
【 主な研究者 】
近江俊徳

山口大学

共同獣医学部 獣医学科
【 主な研究者 】
馬場健司 大浜剛 谷健二

鳥取大学

農学部 共同獣医学科
【 主な研究者 】
太田利男 山口剛士 菱沼貢 岡本芳晴 伊藤壽啓

東京農工大学

農学部 共同獣医学科
【 主な研究者 】
田中知己 福島隆治 渋谷淳 西藤公司

大阪府立大学

生命環境科学域 獣医学類
【 主な研究者 】
山手丈至 東泰孝 桑村充 三宅眞実 中嶋秀満
生命環境科学域 応用生命科学類 生命機能化学課程
【 主な研究者 】
乾隆

その他の優れた大学

大学詳細

宮崎大学

農学部 獣医学科

獣医学領域における再生医療の実現をテーマにしたユニークな研究室がある。


海外で学ぶなら

大学詳細

全南大学校(韓)

医学部 微生物学

【ビブリオバルニフィカスの病原機構】

主な研究者

研究者詳細
白石光也
鹿児島大学
共同獣医学部 獣医学科/共同獣医学研究科 獣医学専攻

【基礎獣医学、基礎畜産学、比較薬理学】魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類など様々な動物の血管を用いて、どのようなメカニズムで血管が収縮・弛緩しているのかを比較し、動物の進化や特徴との関連を解明する比較薬理学的研究。

坂上元栄
麻布大学
獣医学部 獣医学科/獣医学研究科 獣医学専攻

【化学物質による神経細胞毒性メカニズムの解明】古典的テーマでもあるが未解明の部分が多く残されている「化学物質の細胞毒性メカニズム」について、獣医学的視野から研究を行っている数少ない研究者である。

興味がわいたら

動物のお医者さん

佐々木倫子

札幌市にある「H大学獣医学部」を舞台に、獣医師をめざす学生の日常をコメディタッチで描いている。ある獣医学系の現役の研究者によると、「獣医学生の日常を描いた漫画ですが、現実にもこんなおかしな先生は大学にいっぱいいます」とか。しかしなんといっても、動物の絵が上手く、ため息が出るほどリアルだ。文庫全8巻 完結セットも出ている。 (花とゆめコミックス)


研究者が教える動物実験(3)行動

尾崎まみこほか

生命現象についてより深く理解するための『研究者が教える動物実験』シリーズ。第3巻は動物行動の実験についてだ。この本を手にして、今すぐに実験を始めることができるように、写真や図を使いながら、ちょっとしたコツなども織り交ぜて、具体的にわかりやすく書かれている。例えば第3章では、首都大学東京の坂井貴臣先生が、ショウジョウバエのオスの求愛行動において、視覚がどのような働きをしているのかを調べるための方法と、考察するポイントなど、動物の多彩な生得的行動の実験例を集めている。 (尾崎まみこ、村田芳博、藍浩之、定本久世、吉村和也、神崎亮平、日本比較生理生化学会:編/共立出版)


内分泌と生命現象 シリーズ 21世紀の動物科学

長濱嘉孝、井口泰泉:編

日本の動物科学者による数々の独創的な研究を紹介する「シリーズ21世紀の動物科学」の中の一冊で、内分泌と生命現象を対象にしている。例えば脊椎動物の内分泌器官の1つである脳下垂体に着目し、その多様性を紹介している。具体的には、脳ホルモンによる性行動や生殖腺の発達に関する研究など。私たちの体はどのように男性と女性の体になるのか、思春期はどのようなメカニズムで生じるのかといった体の調節方法を、脳の中の視床下部という領域で作られる脳ホルモンに着目した研究だ。 (培風館)


ホット・ゾーン

リチャード・プレストン

1970~80年代にアフリカで実際に起きたエボラ出血熱の発生と制圧を描いたノンフィクション作品で、エボラウイルスと戦った人々の生活やエボラ出血熱への恐怖が生々しく描写されている。発症後致死率50-80%とされ、新興感染症に対する致死率の高さに戦慄させられる。全世界でベストセラーとなった作品だが、これを読んでウイルス研究を志した獣医学者も多い。2014年にエボラ出血熱が西アフリカで流行したことから、再び注目を集め、緊急再販された。決して海外での話ではなく、日本国内でも同様の現象が起きかねない状況であることを理解して読んでもらいたい。 (高見浩:訳/飛鳥新社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ