ゲノム医科学

生命の設計図ゲノムから、病気の原因解明や診断法、治療法の開発に挑む

遺伝子診断   テーラーメイド医療(個別化医療)   遺伝統計学   ゲノム創薬   集団遺伝学

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

遺伝子情報操作
狙った臓器だけの遺伝子異常を書き換えるツールの開発

高山和雄 先生
京都大学 iPS細胞研究所

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
油谷浩幸

京都大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
山田亮
医学部 人間健康科学科 先端看護科学コース
【 主な研究者 】
奥野恭史

広島大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
松浦伸也

九州大学

農学部 生物資源環境学科 応用生物科学コース
【 主な研究者 】
中山二郎

国立遺伝学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

金沢大学

医薬保健学域 医学類

【生命情報学、テーラーメイド医療】 ゲノム科学の第一人者が在籍している。研究者の教育において優れている。

名古屋大学

医学部 医学科

【がんのエピゲノム解析】 がんは「ゲノム配列の異常」だけでなく、ゲノムDNAやDNAを取り巻くヒストンと呼ばれるタンパクの「化学修飾の異常」によっても起こる。そのようなゲノムの化学修飾をエピゲノムという。その異常について最先端の研究を進めている。

大阪大学

医学部 医学科

【先端ゲノム医療の開発と臨床実装】 がんなどの臨床症例を対象とした実践的なシーケンス解析を進めている。ゲノム解析の結果をがんの診断や治療方針の決定に活かすことを目標にしており、研究成果を社会実装することを目指している。

東海大学

医学部 医学科

【主要組織適合性抗原のゲノム科学】 移植免疫や多くの疾患感受性遺伝子が集中する主要組織適合性抗原のゲノム科学を追求している。

活躍する研究者

木村穣 先生
東海大学
総合医学研究所

【分子遺伝学】哺乳動物の発生のメカニズム、遺伝子発現の制御、各遺伝子の個体レベルでの機能の解明に取り組む。これらの遺伝子の働きの異常が、様々なヒト疾患の発症に関わっていると考えられる。そのため遺伝子改変マウスを多数作製し、ヒト疾患モデルマウスとなるかどうかを調べる。また遺伝子と環境要因の関係も明らかにする。

田嶋敦 先生
金沢大学
医薬保健学域 医学類/医薬保健学総合研究科 医科学専攻

【生命情報学、テーラーメイド医療】ゲノム科学、統計学、生命情報学の第一人者。個々人の違いを考慮したテーラーメイド型医療・予防の開発にも取り組み、研究者の教育にも優れている。

椎名隆 先生
東海大学
医学部 医学科 基礎医学系/医学研究科 医科学専攻

【主要組織適合性抗原のゲノム科学】移植免疫や多くの疾患感受性遺伝子が集中する主要組織の適合性抗原のゲノム科学を追求。

興味がわいたら

からだの設計図 プラナリアからヒトまで

岡田節人

現在のような「ゲノム科学」が次世代シークエンサー等の台頭によって脚光を浴びる以前に出版された著作であるが、からだのつくりが遺伝子によって規定されている様子が明解に説明されている。体の前後、背腹、左右などの設計図がないと我々のからだを作っていくことはできない。もちろんからだを構成する細胞同士の相互の作用も発生の上では重要ではあるが、ゲノム科学が明らかにする遺伝情報の中に、この設計図情報の機能を持つ遺伝子が隠されていることを彷彿とさせる古典的名著である。このような設計図の不思議を発生学者の著者が丁寧に説明してくれる。思わず生物の不思議さに引き込まれる。 (岩波新書)


ノーベル賞ゲーム 科学的発見の神話と実話

丸山工作

科学研究の現場は、時に熾烈な戦いの場ともなり得る。生化学者の丸山工作先生が、インシュリンの発見、エイズウイルスの究明などを取り上げ、ノーベル賞を巡る人間模様、研究者気質などを、人間味あふれるタッチで描いている。 (岩波書店)


進化しすぎた脳 中高生と語る[大脳生理学]の最前線

池谷裕二

大脳生理学の専門家である著者が、中高生と対話形式の勉強会をしながら、脳科学の最先端を伝える。脳の解剖学的な機能や、心理学・哲学のような分野まで、幅広く興味深く、そして平易な言葉で伝えている。 (ブルーバックス)


分子レベルで見た薬の働き 生命科学が解き明かす薬のメカニズム

平山令明

薬はなぜ効くのか?生命現象のメカニズムを解明するために、タンパク質の立体構造解析が果たす役割や、それによりもたらされる意義を解説している。病気と薬の関係が分子的な仕組みの解明により、理解できるようになるだろう。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ