航空宇宙工学

航空工学と宇宙工学の2つの総称で、航空機・ロケット・人工衛星などの設計・製造・運用に関する工学~様々な工学知識が結集したシステム工学、総合工学系分野の学問

航空宇宙流体力学   ジェットエンジンやロケットエンジンの推進工学   軽量、高強度、高耐熱、耐高速衝撃などの材料開発   宇宙探査機の軌道設計

こんな研究をして世界を変えよう

流体
空気の力で空へ、宇宙へ!
ロケットや航空機、さらには空飛ぶ車も安全に飛ばそう

北村圭一 先生
横浜国立大学 理工学部 機械・材料・海洋系学科(理工学府 機械・材料・海洋系工学専攻)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
矢入健久 小紫公也 鈴木宏二郎 李家賢一 横関智弘

名古屋大学

工学部 機械・航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
佐宗章弘 長野方星 笠原次郎

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 航空宇宙コース
【 主な研究者 】
大林茂 坂本祐二 浅井圭介 岡部朋永 槙原幹十朗

九州大学

工学部 航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
東野伸一郎 山崎伸彦 宇田暢秀
工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
松本広重
工学部 融合基礎工学科 機械電気コース
【 主な研究者 】
山本直嗣

九州工業大学

工学部 宇宙システム工学科
【 主な研究者 】
豊田和弘 赤星保浩 坪井伸幸 趙孟佑

室蘭工業大学

理工学部 創造工学科 航空宇宙工学コース
【 主な研究者 】
境昌宏

大阪府立大学

工学域 機械系学類 航空宇宙工学課程
【 主な研究者 】
石田良平 小木曽望

東京都立大学

システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科
【 主な研究者 】
金崎雅博 稲澤歩 小島広久

神戸大学

工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
田川雅人

その他の優れた大学

大学詳細

日本大学

理工学部 精密機械工学科

【宇宙エレベーター】 宇宙と地球とを結ぶ、いわゆる宇宙エレベーターの研究を行っている。宇宙エレベーターチャレンジという学生主体の競技会にも参加している。

活躍する研究者

航空機の主材料、アルミニウム合金に勃発した、新たな腐食問題に挑む!

境昌宏 先生
室蘭工業大学
理工学部 創造工学科 航空宇宙工学コース/工学研究科 生産システム工学系専攻

現在の航空機の主要材料は、アルミニウム合金です。アルミニウム合金は軽くて強く飛行機に持ってこいの材料ですが、弱点が一つあります。塩水を浴びるとさびやすい(腐食し・・・

横関智弘 先生
東京大学
工学部 航空宇宙工学科/工学系研究科 航空宇宙工学専攻

【先進軽量構造、複合材料】翼全体を滑らかに変形させながら飛行するモーフィング翼の開発など、航空宇宙の構造分野において精力的に活躍。

興味がわいたら

新装版 マックスウェルの悪魔

都築卓司

「空気はなぜ雪のように地上につもらないのか?」これに対し、「空気は雪よりも軽いから」「落ちる途中で衝突して再び上っているから」等、様々な回答が思いつくだろう。答えはぜひ読んで欲しい。本書タイトル「マックスウェルの悪魔」は、混ざってしまった水と酒とをもとの水と酒とに分けてくれる小人として登場する。さらに彼らはエネルギー源のない発電所を稼働させ、動力のない車を動かす。そんな小人の存在の可能性に気づかされる本書。高校物理で学ぶ熱とエネルギーの正体を、分かりやすく、しかし簡単にしすぎず解説した良書。40年以上前、1970年に初版が出たが、最後の章で熱力学的観点から我々が現在暮らす2000年代の社会の予測をしており、その予測がほとんど当たっているのにも驚かされる。 (ブルーバックス)


人類が知っていることすべての短い歴史

ビル・ブライソン

宇宙創造から人類誕生までの137億年の歴史を1000ページで解説した科学書。この一冊で素粒子物理学から熱力学、進化論まで、科学の重要事項が全て学べる。かといって、堅苦しい科学解説書ではなく、ニュートンやダーウィンなど、有名な科学者らの逸話もいきいきと語られているため、この本を読めば科学に親しみが持てることは請け合いだ。 (楡井浩一:訳/新潮文庫)


宇宙からの帰還

立花隆

人類を月に到達させるために米国が技術の粋を尽くした「アポロ計画」と、それに携わった数々の宇宙飛行士の精神の変遷に焦点が当てられている。宇宙に行く前と行った後とで、宇宙飛行士の心の中で変わるものと変わらないものがある。未踏の地を目指した人の心理変化を浮き彫りにしている。技術の最先端にいる人が、何を思っているのかを知ることができる貴重な本だ。 (中公新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ