有機・ハイブリッド材料

有機EL、レーザー、太陽電池など有機の物質を中心に、有機以外の物質を混ぜ合わせ、環境にやさしい高機能材料を作り出す。ものづくりの一番ホットな材料化学分野

有機薄膜太陽電池   有機無機ハイブリッド   低炭素化社会

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
梅山有和 大江浩一

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
蟹江澄志 芥川智行
理学部 化学科
【 主な研究者 】
及川英俊

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
宇山浩

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
安田琢麿 君塚信夫

広島大学

工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 応用化学プログラム
【 主な研究者 】
大下浄治 大山陽介 吉田拡人

山形大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学・化学工学コース
【 主な研究者 】
落合文吾

東京大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
山野井慶徳
工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
岡本敏宏

その他の優れた大学

大学詳細

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 物質創成科学領域

【有機光化学】 機能性色素の合成からデバイス評価まで、基礎化学と応用化学の両方を重視した大学院大学である。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

キャベンディッシュ研究所

【有機太陽電池】 世界から多くの優秀な学生が集まり、活発な研究がなされている。

Université Haute-Alsace/オート・アルザス大学(仏)

高分子学部

【光化学、光硬化機構】 実用的材料の中の基礎的な反応解析に定評がある。

University of Groningen/フローニンゲン大学(オランダ)

Faculty of Mathematics and Natural Sciences

【材料科学】

Chulalongkorn University/チュラロンコン大学(タイ)

理学部画像印刷科

【画像印刷分野】 日本の大学でなかなかできなくなった製紙や印刷系の実習もできる。

İstanbul Teknik Üniversitesi/イスタンブール工科大学(トルコ)

自然人文学部

【機能性高分子】 世界的に著名な光が関わる高分子研究の研究室がある。

主な研究者

研究者詳細
高原茂
千葉大学
工学部 総合工学科 物質科学コース/融合理工学府 先進理化学専攻

【光化学、有機光化学】ものづくりとしての光機能材料の開発研究。光によって微細加工ができるユニークな分子機能材料を探し、その設計と評価を行う。半導体材料の新素材として期待されるカーボンナノチューブに、光を用いて新しい機能を生み出させる「光機能性可溶化剤」の開発をする。

大山陽介
広島大学
工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 応用化学プログラム/先進理工系科学研究科 先進理工系科学専攻 応用化学プログラム

【機能性色素化学】色素増感太陽電池に使用する有機光増感色素を研究。そのために不可欠な太陽光を多く吸ってくれる色素の開発を進める。実現すればシリコン系の無機系太陽電池ではなしえなかった建物の壁面などへの応用が可能になる。

瀧宮和男
東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻

【有機半導体、有機薄膜太陽電池】まさに有機半導体・有機薄膜太陽電池において世界トップレベルの研究を推進。この分野を牽引している。

安田琢麿
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻/稲盛フロンティア研究センター

【有機発光ダイオード】有機発光ダイオード分野において、新進気鋭の若手教授。

森崎泰弘
関西学院大学
理工学部 環境・応用化学科

【機能性高分子材料】機能性高分子材料の新規合成から光電子物性に及ぶ広範囲の研究分野で活躍している中堅教授。

興味がわいたら

色素増感太陽電池を作ろう 手作り太陽電池のすべて

若狭信次

カラフルな色素増感太陽電池に用いられている材料、電池の仕組み、作製方法を実際に体験できる本。植物や食品などから抽出できる有機色素は、日光を吸収し電子を放出する。それを使って簡単な太陽電池を作ってみよう。 (パワー社)


先端技術に広がる有機光化学 つながる光化学と光機能分子材料

高原茂

光によって機能する工学的材料である光機能材料。その中でも特に、有機化合物を主とする光機能分子材料について、実際の応用も含め解説している。それらと関連付けて、材料化学の有機材料・ハイブリッド材料分野も解説する。大学教科書レベルだが、高校生からは見えにくい、工学的知見が広がることを期待する。 (開成出版)


光化学の驚異 日本がリードする「次世代技術」の最前線

光化学協会:編

光化学の分野から、新たな技術が次々と生まれている。光と生命の関わりや、光触媒、光加工、ナノ次元の分析などの先端成果を紹介。「光ピンセット」の解説は、知っている人にも知らない人にも面白く、一見の価値があると感じさせてくれる。 (ブルーバックス)


初歩から学ぶ感光性樹脂 光で加工できるプラスチック

池田章彦、水野晶好

光で加工できる特殊なプラスチックである感光性樹脂。昨今の小型化・高性能化の進んだパソコンなどに用いられることが多いが、このあまりなじみのない感光性樹脂について、図や写真を多用し、どのように使われているかを中心に解説する。 (工業調査会)


関連する学問

62 有機・複合材料(有機EL、繊維強化プラスチック等)
複合材料・表界面工学

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ