金属物性・材料

金属材料の物理的な性質を解き明かし、マグネシウム合金など機能性の高い合金、さらに磁性体材料として最も強力な永久磁石の開発に取り組む~物理、化学、計算科学とつながる材料工学

超伝導材料   アモルファス   ネオジム永久磁石   半導体   スマート材料

のぞいてみよう!この学問

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

マグネシウム研究のメッカ・熊大で、画期的なマグネシウムを発見!

河村能人 先生
熊本大学 工学部 材料・応用化学科 物質材料工学教育プログラム/自然科学教育部 材料・応用化学専攻 物質材料工学教育プログラム/先進マグネシウム国際研究センター

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Northwestern University/ノースウェスタン大学(米)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の計算科学が強い。

University of Virginia/バージニア大学(米)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の力学特性についての研究を精力的に進めている。

McMaster University/マックマスター大学(カナダ)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の研究を精力的に進めており、カナダにおける電子顕微鏡の拠点となっている。

University of Queensland/クイーンズランド大学(豪)

Division of Materials Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の腐食挙動の研究では世界的に有名である。

Seoul National University/ソウル大学校(韓)

Magnesium Technology Innovation Center

【マグネシウム合金】 韓国のマグネシウム研究のリーダー的存在であり、大きな国家プロジェクトを中心になって進めている。

学問をもっと深く知るために

[金属工学]
より高温に耐えられる形状記憶合金で技術開発に貢献

御手洗容子 先生
物質・材料研究機構

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ