金属物性・材料

金属材料の物理的な性質を解き明かし、マグネシウム合金など機能性の高い合金、さらに磁性体材料として最も強力な永久磁石の開発に取り組む~物理、化学、計算科学とつながる材料工学

超伝導材料   アモルファス   ネオジム永久磁石   半導体   スマート材料

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 材料科学総合学科 金属フロンティア工学コース
【 主な研究者 】
大森俊洋 貝沼亮介
工学部 材料科学総合学科 材料環境学コース
【 主な研究者 】
和田山智正
工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
北上修 佐久間昭正

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
福田隆 中谷亮一 白土優
基礎工学部 システム科学科 機械科学コース
【 主な研究者 】
垂水竜一 君塚肇

京都大学

工学部 物理工学科 材料科学コース
【 主な研究者 】
奥田浩司 田中功

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギー量子理工学コース
【 主な研究者 】
安田和弘 松村晶
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
西田稔

名古屋大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
長谷川正 中村篤智
工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
山本剛久
工学部 電気電子情報工学科
【 主な研究者 】
梶田信

東京大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
阿部英司 喜多浩之 井上純哉 木村薫

名古屋工業大学

工学部 物理工学科 材料機能分野
【 主な研究者 】
西野洋一 日原岳彦

東京理科大学

基礎工学部 材料工学科
【 主な研究者 】
田村隆治 石黒孝

その他の優れた大学

大学詳細

富山大学

都市デザイン学部 材料デザイン工学科

【軽金属材料】 アルミ関連企業が多いという地域の特徴を活かして、多くの研究者がアルミニウム合金の研究を実施している。

熊本大学

工学部 材料・応用化学科 /先進マグネシウム国際研究センター

【高性能Mg合金の開発、マグネシウム合金】 先進マグネシウム国際研究センターでの、従来にない高性能なMg合金の開発研究は世界トップクラスであり、工学部と医学部循環器内科が連携して、モノづくりの川上から川下まで一貫した研究を実施している。全国的な共同研究、国際共同研究、産学共同研究をバランスよく実施している。また、最新の設備のもとで、学生がその開発研究に携わることができる。JABEEに認定された教育プログラムを実施しているため、材料工学分野の基礎を幅広くきちんと学ぶことができる。

日本大学

生産工学部 機械工学科

【軽金属材料】 マグネシウム合金やアルミニウム合金等の軽金属材料の研究を精力的に進めている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Northwestern University/ノースウェスタン大学(米)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の計算科学が強い。

University of Virginia/バージニア大学(米)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の力学特性についての研究を精力的に進めている。

McMaster University/マックマスター大学(カナダ)

Department of Materials Science and Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の研究を精力的に進めており、カナダにおける電子顕微鏡の拠点となっている。

University of Queensland/クイーンズランド大学(豪)

Division of Materials Engineering

【マグネシウム合金】 マグネシウム合金の腐食挙動の研究では世界的に有名である。

Seoul National University/ソウル大学校(韓)

Magnesium Technology Innovation Center

【マグネシウム合金】 韓国のマグネシウム研究のリーダー的存在であり、大きな国家プロジェクトを中心になって進めている。

主な研究者

研究者詳細
佐久間昭正
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 応用物理学専攻

【磁性物理、第一原理計算】電子の電荷とスピンの両方を利用した新しいエレクトロニクス「スピントロニクス」の理論研究。その計算手法として、第一原理計算という、電子と原子核の状態や運動を計算機で求め、物質の性質を予測する方法を用いる。

安藤新二
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻/先進マグネシウム国際研究センター

【結晶塑性学、マグネシウム合金、チタン合金】金属結晶の変形と疲労破壊機構に関する基礎研究。近年、マグネシウム合金、チタン合金は軽量かつ高強度材料として、利用の拡大が期待されるようになり、永年研究してきた基礎データが活用できる場が増えている。

河村能人
熊本大学
工学部 材料・応用化学科 物質材料工学教育プログラム/自然科学教育部 材料・応用化学専攻 物質材料工学教育プログラム/先進マグネシウム国際研究センター

【高性能Mg合金の開発】軽量高強度マグネシウム合金の開発と応用を行っている。

三浦誠司
北海道大学
工学部 応用理工系学科 応用マテリアル工学コース/工学院 材料科学専攻

【金属材料の塑性挙動解析】実験に基づいた金属材料の塑性挙動解析。

阿部英司
東京大学
工学部 マテリアル工学科/工学系研究科 マテリアル工学専攻

【金属材料の構造解析】電子顕微鏡を用いた金属材料の構造解析。

榎学
東京大学
工学部 マテリアル工学科/工学系研究科 マテリアル工学専攻

【金属材料の強度性能評価】アコースティックエミッション(AE)センサという非破壊の検査法を用いた金属材料の変形挙動解析をする。AEとは材料が変形したりき裂が発生したりする際に、内部に蓄えていたひずみエネルギーを弾性波として放出する現象のこと。

奥村大
名古屋大学
工学部 機械・航空宇宙工学科/工学研究科 機械システム工学専攻

【材料の固体力学解析】計算科学による固体力学解析。

岸田恭輔
京都大学
工学部 物理工学科 材料科学コース/工学研究科 材料工学専攻

【金属材料の塑性挙動解析】実験と組織観察に基づいた金属材料の変形挙動を解析する。

辻伸泰
京都大学
工学部 物理工学科 材料科学コース/工学研究科 材料工学専攻

【金属系の新材料創製】巨大ひずみ加工等の先端プロセス技術を独自に開発し、材料組織をナノ化・超微細化することで力学特性を大幅に改善する。また新たに発現する機能とそのメカニズムを基礎的に解明する。超微細粒材料分野で世界のトップを走る。

中谷彰宏
大阪大学
工学部 応用理工学科 機械工学科目/工学研究科 知能・機能創成工学専攻

【材料の数理モデル解析】計算科学による金属材料の数理モデル解析。

萩原幸司
大阪大学
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース/工学研究科 知能・機能創成工学専攻

【金属材料の変形微細組織、変形モード解析】実験に基づいた金属単結晶の変形挙動を解析。

君塚肇
大阪大学
基礎工学部 システム科学科 機械科学コース/基礎工学研究科 機能創成専攻/ナノサイエンスデザイン教育研究センター

【ミクロ・メゾ構造解析】量子化学的な計算手法で知られる第一原理計算を基にした金属材料の物性評価を行う。

山崎倫昭
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻/先進マグネシウム国際研究センター

【高性能Mg合金の力学特性の解明、金属系の新材料創製】高強度のマグネシウム合金の開発をする。マグネシウム合金の欠点である腐食しやすい挙動の解明にも取り組む。

北原弘基
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻/パルスパワー科学研究所

【超微細粒材料の開発と力学特性の解明】強歪加工により超微細粒組織を持つ、Mg、Ti、Al合金の開発と力学特性の解明により、優れた材料開発の基礎研究を行っている。

眞山剛
熊本大学
工学部 材料・応用化学科/自然科学教育部 材料・応用化学専攻/先進マグネシウム国際研究センター

【数値解析によるMg合金の力学特性発現の解明】有限要素や弾塑性解析により、Mg合金が持つ力学特性の発現機構を明らかにしている。特に他の金属とは異なるMgの機構を解明するために新しい手法を構築している。

三宅隆
産業技術総合研究所

【物質の電子状態の理論研究】物理的に未解明の物質や工業材料まで幅広く、理論的立場から物質の研究を精力的に行っている。

大谷博司
東北大学
工学研究科 知能デバイス材料学専攻/多元物質科学研究所

【熱力学解析】計算科学を用いた金属材料の状態図計算と熱力学解析を行う。

堀田善治
九州大学
工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース/工学府 材料物性工学専攻

【金属材料の巨大ひずみ加工】従来の限界を超える巨大なひずみを材料に加えることによる組織制御、新材料の創製に取り組んでいる。

興味がわいたら

創造の源流 2015年版 社会を変えるイノベーション

豊橋技術科学大学:編

豊橋技術科学大学の博士養成プログラムの一環として行われた特別講演の書籍化。ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生、プリウスを開発したトヨタ自動車など、世界規模の産業を支える技術の創出に貢献した技術者、科学者や研究者、産業人が9名が収められている。「イノベーションがあれば社会が変わる」という実例を示しており、科学を追及する研究者、技術を持って産業に貢献しようとする技術者を目指す高校生が、研究者や技術者を理解するのに役に立つ本である。金属物性・材料の研究分野と関連しては、先進マグネシウム合金についての講演が掲載。大学・大学院でいかに学ぶかについても触れている。 (日経BPコンサルティング)


ニッポンの素材力

泉谷渉

オバマ前米大統領政権下のニューディール政策推進で爆裂すると予想されるニッポンの新素材の現状と展望をまとめた。環境・エネルギー分野の新素材を最も得意とする日本メーカーの活躍ぶりが描かれており、材料の研究者や技術者を目指す高校生が、産業における新材料開発の重要性を理解するのに役立つ本である。自動車、航空機の革命を起こす新材料として「LPSO型マグネシウム合金」のことが14頁にわたって紹介されている。 (東洋経済新報社)


すごい!磁石

宝野和博、本丸諒

現代生活そして科学の発展に欠かせないものの一つである磁石を、その発展と活用、磁石の不思議をわかりやすく解説する。物理の知識は高校レベルで読み進めることができる。磁石について知っている事象の「なぜ」を知ることができる。 (日本実業出版社)


基礎から学ぶ 構造金属材料学

丸山公一、藤原雅美、吉見享祐

構造金属材料について必要な知識をコンパクトにまとめており、基礎から解説していく専門書。金属結晶を研究する者にも入門者にも、ともに役立つ内容となっている。 (内田老鶴圃)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ