食生活学

食生活の好ましいあり方を医学、食品栄養学から探る。調理と加工法、食事や食品中に含まれる成分が、どのように人の健康維持や病気の原因になり予防できるかを調べる

機能性食品   食物アレルギー   メタボリックシンドローム   酸化ストレス   生活習慣病

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

静岡県立大学

食品栄養科学部 栄養生命科学科
【 主な研究者 】
栗木清典 合田敏尚 市川陽子 桑野稔子
食品栄養科学部 食品生命科学科
【 主な研究者 】
増田修一
看護学部 看護学科
【 主な研究者 】
高林ふみ代

徳島大学

医学部 医科栄養学科
【 主な研究者 】
酒井徹 竹谷豊
医学部 医学科
【 主な研究者 】
親泊政一

お茶の水女子大学

生活科学部 食物栄養学科
【 主な研究者 】
香西みどり 村田容常 飯田薫子 赤松利恵

奈良女子大学

生活環境学部 食物栄養学科
【 主な研究者 】
中田理恵子 前田純夫 高村仁知 井上裕康 松田覚
生活環境学部 心身健康学科 生活健康学コース
【 主な研究者 】
森本恵子 鷹股亮

東京大学

農学部 応用生命科学課程 生命化学・工学専修
【 主な研究者 】
小林彰子

武庫川女子大学

生活環境学部 食物栄養学科
【 主な研究者 】
高橋享子 松井徳光 高岸和子 伊勢川裕二

京都府立大学

生命環境学部 食保健学科
【 主な研究者 】
桑波田雅士 南山幸子

大阪市立大学

生活科学部 食品栄養科学科
【 主な研究者 】
湯浅明子(小島明子) 金東浩 佐伯茂

その他の優れた大学

大学詳細

岡山県立大学

保健福祉学部 栄養学科

【食品学】 食品機能に関する研究で評価が高い。

県立広島大学

人間文化学部 健康科学科

【臨床栄養学】 高齢者の食事の研究が注目されている。

女子栄養大学

栄養学部 実践栄養学科

【栄養学全般】 栄養学教育に歴史がある大学で、きめ細かい教育が行われている。

明治大学

農学部 農芸化学科

【農芸化学】 食品・微生物・栄養・環境について広く学び深く研究する。


海外で学ぶなら

大学詳細

Tufts University/タフツ大学(米)

フリードマン栄養科学・政策学部

【栄養学全般】 特に栄養疫学の教育・研究では、世界トップレベルである。

University of Texas Southwestern Medical Center/テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター(米)

大学院 臨床栄養学コース

【臨床栄養学】 医学研究では全米トップレベルの医学部ならびに医学生物学の大学院を有する。大学院におけるコメディカルの教育・研究も充実している。

活躍する研究者

必須栄養素リンに注目~生活習慣病や老化を抑制する食事管理を目指して

竹谷豊 先生
徳島大学
医学部 医科栄養学科/栄養生命科学教育部 人間栄養科学専攻

私は、栄養素としての「リン」に着目した研究を行っています。リンは、骨や歯を作り、筋肉や体を動かす上で必須の栄養素ですが、近年過剰に摂取することで、様々な生活習慣・・・

栄養素や緑茶が腸内細菌の働きで肥満予防に役立つことを明らかに~食と健康の大規模調査

栗木清典 先生
静岡県立大学
食品栄養科学部 栄養生命科学科/薬食生命科学総合学府 食品栄養科学専攻

ヒトの腸に無数の腸内常在菌の遺伝子が共生し、健康に役立っています。それは腸内常在菌を調べる測定技術が格段に進歩したおかげでわかってきました。さらに一歩進めて、個・・・

新井英一 先生
静岡県立大学
食品栄養科学部 栄養生命科学科/薬食生命科学総合学府 食品栄養科学専攻

【臨床栄養学】慢性腎臓病患者における高リン血症の栄養管理について研究している。特に、食事パターンや調理によるリン摂取量の変動に詳しい。

岩崎有作 先生
京都府立大学
生命環境学部 農学生命科学科 生物機能科学コース/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

【栄養生理学】食欲や食行動を分子神経学的に解析している。 特に、食欲と肥満やメタボリックシンドロームとの関連についての研究で成果を挙げている。

伊藤美紀子 先生
兵庫県立大学
環境人間学部 環境人間学科 食環境栄養課程/環境人間学研究科 環境人間学専攻

【臨床栄養学】慢性腎臓病患者のリン代謝異常に関する研究を行っており、食品添加物に関する研究や患者の栄養評価法に詳しい。

宮本賢一 先生
龍谷大学
農学部 食品栄養学科/農学研究科 食農科学専攻

【分子栄養学】体内でのリンの吸収や排泄に関わるリン酸トランスポーター研究分野において、世界の第一人者である。栄養素がどのように吸収され利用されるかを、トランスポーターを通じて解明しようと取り組んでいる。

黒尾誠 先生
自治医科大学
医学研究科 人間生物学系専攻/分子病態治療研究センター 

【老化学】老化関連遺伝子であるKlothoの発見者である。Klothoの異常による早期老化様の症状の原因が高リン血症によるものであることを明らかにし、その分子メカニズムの解明に取り組んでいる。

興味がわいたら

カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの? 食べ物・飲み物にまつわるカガクのギモン

アンディ・バーニング

タマネギを切るとどうして涙が出るのか、コーヒーはどうして苦いのかなど、食べ物や飲み物のにおい、味、色などを、化学の目でわかりやすく解説している。高校生ばかりでなく一般の人にとっても教養本として気軽に読めて楽しい。 (高橋秀依、夏苅英昭:訳/化学同人)


給食の歴史

藤原辰史

私たちにとって身近な「給食」はどこからきて、どこへ行こうとしているのか。給食の「恐ろしさ」と「可能性」について、過去の様々な体験をひもときながら考察していきます。 (岩波新書)


「おいしさ」の科学 素材の秘密・味わいを生み出す技術

佐藤成美

実体としてのおいしい食品を、どのように作るかについて記述しています。物理・化学が明らかにする物質としての食品の研究がわかります。食品サイドから「おいしさ」に興味のある生徒向けです。料理が科学であることを理解できます。 (ブルーバックス)


国連家族農業10年 コロナで深まる食と農の危機を乗り越える

農民運動全国連合会

食品の選択をする際に大事なことは、表示から見える部分だけでなく、その食べ物を作っている生産者がどのような想いで作っておられるかを知ることです。この本では、SDGs達成に向けて取り組んでいる農業関係者の取り組みが書かれており、日本の農業の奥深さを知ることができます。 (かもがわ出版)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ