ドメスティック・バイオレンス 愛が暴力に変わるとき

森田ゆり

DVは深刻です。数多くの実例を扱っています。暴力を繰り返す加害者の心理と行動が、よく描けています。さらに、親しい家族の関係で、逃げたくてもどうして逃げることができないのかという被害者の心理もよく見えてきます。 (小学館文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ