数学

ガロア 天才数学者の生涯

加藤文元

20歳で決闘により命を落とした数学者、エヴァリスト・ガロアの生涯と、彼の「群論」がその後の数学に大きな変化をもたらした業績を解説する。単に悲劇の天才数学者像を描くのではなく、フランス7月革命などの時代背景や当時の数学史的背景をもとにガロアの生涯をひも解き、ガロアの業績が現代どのような意味を持っているのかを教えてくれる。数学への狂おしいほどの熱中、困難を突破しようする強い意志により、ガロアが自分の数学を作り上げたことが感じられるだろう。数学や科学全般、歴史好きな方におすすめしたい。 (角川ソフィア文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ