船舶海洋工学

より良い船や海洋構造物を設計・建造し、海という場を利用して海洋・海底資源を獲得、洋上風力発電などのクリーンな海洋エネルギーを開発する~理学の海洋学、物理とつながる工学

船舶の設計、建造、材料の開発   船舶の推進や、揺れの制御等性能に関する研究   天然ガス、メタンハイドレート   洋上風力   海洋深層水の利用

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース
【 主な研究者 】
早稲田卓爾 佐藤徹 高木健 多部田茂 粟飯原周二
工学部 システム創成学科 知能社会システムコース
【 主な研究者 】
山口一 村山英晶

九州大学

工学部 地球環境工学科 船舶海洋システム工学コース
【 主な研究者 】
後藤浩二 山口悟 梶原宏之 篠田岳思 古川芳孝
共創学部 共創学科
【 主な研究者 】
田島博士

大阪大学

工学部 地球総合工学科 船舶海洋工学科目
【 主な研究者 】
柏木正 大沢直樹 梅田直哉 戸田保幸 飯島一博
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
望月正人

東京海洋大学

海洋工学部 海洋電子機械工学科
【 主な研究者 】
波津久達也 賞雅寛而 和泉充 堀木幸代 地引達弘
海洋工学部 海事システム工学科
【 主な研究者 】
久保信明 近藤逸人 岡崎忠胤 庄司るり 南清和
海洋工学部 流通情報工学科
【 主な研究者 】
黒川久幸

神戸大学

海事科学部 マリンエンジニアリング学科
【 主な研究者 】
梅田民樹 井川博雅 西尾茂 岩本雄二 山本茂広
海事科学部 海洋安全システム科学科
【 主な研究者 】
三村治夫 大澤輝夫 林美鶴 岡村秀雄 橋本博公

横浜国立大学

理工学部 機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム
【 主な研究者 】
日野孝則 西佳樹 村井基彦 鈴木和夫 平川嘉昭

広島大学

工学部 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 輸送システムプログラム
【 主な研究者 】
竹澤晃弘 新宅英司 濱田邦裕 土井康明 岩下英嗣
工学部 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 材料加工プログラム
【 主な研究者 】
山本元道

大阪府立大学

工学域 機械系学類 海洋システム工学課程
【 主な研究者 】
新井励 二瓶泰範 片山徹 有馬正和 柴原正和
工学域 機械系学類 機械工学課程
【 主な研究者 】
大久保雅章
現代システム科学域 環境システム学類 環境共生科学課程
【 主な研究者 】
大塚耕司

その他の優れた大学

大学詳細

高知大学

理工学部 地球環境防災学科 /海洋コア総合研究センター

【海の底の地層の解析を通した地球環境変動要因の解明や海洋底資源の基礎研究】 海の底の地層である海洋コアの解析を実施している施設は,日本で唯一である.

佐賀大学

理工学部 機械システム工学科 /海洋エネルギー研究センター

【海洋エネルギー】 佐賀県の海洋再生エネルギー実証フィールドの活用に向けた産官学研究を行っている。

佐賀大学

理工学部 電気電子工学科 /海洋エネルギー研究センター

【海洋エネルギーの開発】 海洋温度差発電,波力発電,潮汐力発電等,海洋の有する膨大な種々のエネルギーに関する基礎的応用的及び実証的な研究を行っている.

長崎大学

工学部 工学科 機械工学コース

【海洋エネルギー】 長崎県の海洋再生エネルギー実証フィールドの活用に向けた産官学研究を行っている。

日本大学

理工学部 海洋建築工学科

【海洋エネルギー】 新潟県の海洋再生エネルギー実証フィールドにおいて潮流発電装置の実証実験を行っている。

長崎総合科学大学

工学部 工学科 船舶工学コース

【海洋エネルギー】 長崎県の海洋再生エネルギー実証フィールドの活用に向けた産官学研究を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Aalborg University/オルボー大学(デンマーク)

理工学部土木工学科

【海洋エネルギー】 先進的な波力発電装置の開発や実海域実験を行っている。

University College Cork/コークカレッジ大学 (アイルランド)

MaREI Centre for Marine and Renewable Energy

【海洋エネルギー】 先進的な波力発電装置の開発や実海域実験を行っている。

Nanyang Technological University/ナンヤン工科大学(シンガポール)

Energy Research Institute

【海洋エネルギー】 東南アジアにおける海洋再生エネルギーの協力機構(SEACORE: Southeast Asian Collaboration for Ocean Renewable Energy)を主導

主な研究者

研究者詳細

西佳樹

横浜国立大学
理工学部 機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム/工学府 システム統合工学専攻

今井康貴

佐賀大学
理工学部 機械システム工学科/工学系研究科 機械システム工学専攻/海洋エネルギー研究センター

後藤聡

佐賀大学
理工学部 電気電子工学科/工学系研究科 先端融合工学専攻/海洋エネルギー研究センター

高木健

東京大学
工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース/新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 海流発電装置の実証実験を行っている。

多部田茂

東京大学
工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース/新領域創成科学研究科 環境システム学専攻
【海洋工学、海洋生物学】 海洋工学や海洋再生エネルギー装置の生物影響について研究を行っている。

北澤大輔

東京大学
工学系研究科/生産技術研究所
【海中工学、海洋生物学】 海中工学や海洋再生エネルギー装置の生物影響について研究を行っている。

林昌奎

東京大学
生産技術研究所/生産技術研究所
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 宮城県や岩手県において波力発電装置および潮流発電装置の実証実験を行っている。

村井基彦

横浜国立大学
理工学部 機械・材料・海洋系学科 海洋空間のシステムデザイン教育プログラム/環境情報学府 環境システム学専攻/統合的海洋教育・研究センター
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 海洋工学および海洋再生エネルギーについて幅広く研究を行っている。

柏木正

大阪大学
工学部 地球総合工学科 船舶海洋工学科目/工学研究科 地球総合工学専攻
【船舶海洋工学】 波力発電装置を含め、船舶および海洋構造物について幅広く研究を行っている。

岩下英嗣

広島大学
工学部 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) 輸送システムプログラム/工学研究科 輸送・環境システム専攻
【船舶海洋工学】 潮流発電装置を含め、船舶および海洋構造物について幅広く研究を行っている。

宇都宮智昭

九州大学
工学部 地球環境工学科 船舶海洋システム工学コース/工学府 海洋システム工学専攻
【浮体式洋上風車】 長崎県で浮体式洋上風車の実海域実験を行っている。

池上康之

佐賀大学
理工学部 機械システム工学科/工学系研究科 機械システム工学専攻/海洋エネルギー研究センター
【海洋温度差発電に関する研究】 海洋温度差発電に関する研究を精力的に実施している.

居駒知樹

日本大学
理工学部 海洋建築工学科/理工学研究科 海洋建築工学専攻
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 海洋工学および海洋再生エネルギーについて幅広く研究を行っている。波力発電装置の実証研究を行っている。

経塚雄策

長崎大学
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 長崎県において潮流発電装置の実証実験を行っている。

木下健

長崎総合科学大学
工学部 工学科 船舶工学コース/工学研究科 生産技術学専攻/新技術創成研究所
【海洋工学、海洋エネルギー工学】 日本における海洋エネルギー工学の先駆者

興味がわいたら

北極大変動 加速する氷解/資源ビジネスの野望

NHK「北極大変動」取材班

北極域における氷の融解と資源開発について特集したNHKスペシャルの内容を、読みやすくまとめてある。前半では氷が解けることによる様々な影響を、後半では北極海での資源をめぐる近況について記しており、海洋環境、海洋資源という分野に密接に関係する内容だ。資源を獲得することと、地球環境を保全することの両者をどう折り合いをつけて進めていくのか、それを考えさせられる良著。深い海の底には多くの化石燃料が眠っており、それを取り出すために駆使されている高度な技術も知ることができる。資源と環境、片方を重視することは難しいが、最適解を見つけられるのかという視点で読んでみてほしい。 (NHK出版)


エコロジー的思考のすすめ 思考の技術

立花隆

環境問題と呼ばれるような問題には、多数の要因が絡み合っている。その問題の解決のためには、それらの要因の関係を把握し、問題全体を見渡せる視点で理解することが必要で重要であること説いている。海洋のような総合的に考えることが必要な学問分野において、重要な考え方が明快に提示されている。 (中公新書)


プロジェクトX 〜挑戦者たち~ 海底3000メートルの大捜索 HIIロケットエンジンを探し出せ

海に落ちた物体を探すことは、例えジェット旅客機の大きさであっても、とてつもなく困難だ。海は広大で、深海になると光が届かないため、捜索手段は音響とごく狭い視野のロボットカメラに限られる。この本は、不幸にも起こったロケット発射事故の後、深海に落ちた長さ3mほどのロケットエンジンを執念で探し出しあてたプロ集団のドキュメンタリーだ。海洋探査では各種機器のケーブル曳航、音響装置による海中位置決めなどが必要だ。限られた時間内で目的を達成するためには、機器を駆使してデータを集める技術者、データ解析班、最も良い位置に船を動かす乗組員のチームワークが必須。理論と技術、それらを扱う人間の全てがうまく働いて目的が達成される様子が描かれている。 (NHKプロジェクトX制作班)


制御工学の考え方 産業革命は「制御」からはじまった

木村英紀

産業を裏方で支えている制御工学。その歴史と考え方について、わかり易く書かれている。動力があるところには、制御が必要だ。制御理論や数式を本格的に学ぶ前に読み、理解を深めておくのも良いだろう。 (ブルーバックス)