天文学

銀河や星などを天体観測し、宇宙の大規模な構造や星の誕生と死などの物質の現象を解き明かす~理学の物理学、応用数学を通して

宇宙線   X線天文学   超新星   ブラックホール   ビッグバン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 天文学科
【 主な研究者 】
宮田隆志 河野孝太郎 本原顕太郎 土居守 梅田秀之
理学部 地球惑星物理学科
【 主な研究者 】
生駒大洋 横山央明 吉川一朗
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
須藤靖

京都大学

理学部 理学科 物理科学系
【 主な研究者 】
鶴剛 前田啓一 栗田光樹夫 太田耕司 上田佳宏

名古屋大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
石橋和紀 金田英宏 竹内努 犬塚修一郎 立原研悟
理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
平原靖大

東京工業大学

理学院 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
佐藤文衛 野村英子
物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
大友明

北海道大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
石渡正樹

筑波大学

理工学群 物理学類
【 主な研究者 】
中井直正 森正夫

東北大学

理学部 宇宙地球物理学科 天文学コース
【 主な研究者 】
秋山正幸 大向一行

大阪府立大学

生命環境科学域 理学類 物理科学課程
【 主な研究者 】
前澤裕之 大西利和

国立天文台


その他の優れた大学

大学詳細

茨城大学

理学部 理学科 物理学コース

【電波天文学、惑星科学】 宇宙科学教育研究センターは、2台の32m電波望遠鏡を運用。ALMAを使った研究でもリードしている。

広島大学

理学部 物理学科

【光学天文学】 宇宙科学センターは、1.5m光学赤外線(かなた)望遠鏡を運用し、ユニークな観測手法で研究をリードしている。

山口大学

理学部 物理・情報科学科

【電波天文学】 時間学研究所というユニークな研究所名に基づいた、精密宇宙時空計測をテーマとしている。

熊本大学

理学部 理学科 物理学コース

【理論天文学】


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Manchester/マンチェスター大学(英)

ジョドレルバンク観測所

【電波天文学】 国際大型天文観測装置SKA本部が置かれ、世界的に注目を集める。

Universiteit Leiden/ライデン大学(オランダ)

ライデン大学天文台

【星間物質】 理論・観測的研究で有名。英語が学内共用語。

香港大学(中)

理学部

【惑星状星雲】

主な研究者

研究者詳細

今井裕

鹿児島大学
理学部 物理科学科 宇宙コース/理工学研究科 物理・宇宙専攻
【電波天文学、恒星物理学、星間物理学】 国内外で構築された電波望遠鏡ネットワークに加わり「メーザー天体」の観測に取り組む。恒星の形成と終末の現象を物理学的に理解すること、すなわち「宇宙の物質輪廻」を理解することを目指す。

前澤裕之

大阪府立大学
生命環境科学域 理学類 物理科学課程/理学系研究科 物理科学専攻
【天文学・宇宙物理学、地球・惑星科学、量子デバイス。超伝導、プラズマ科学、リモートセンシング(ミリ波、サブミリ波、テラヘルツ波)】 口径10mの電波望遠鏡を用いて太陽系の惑星大気環境の変化を監視し、太陽に対する応答を観測。太陽系の気候環境を理解し、地球の大気環境の将来予測などの理解に役立てる。こうした観測・実験システムや様々な観測機器は自分たちで開発するところに特徴がある。

川端弘治

広島大学
理学部 物理学科/理学研究科 物理科学専攻/宇宙科学センター
【星間物質】 ユニークな観測の装置と手法を開発しつつ、世界的に顕著な成果を挙げている。

高橋慶太郎

熊本大学
理学部 理学科 物理学コース/自然科学研究科 理学専攻
【宇宙論ほか】 国際大型天文観測装置SKA計画への参加を目指す日本の研究者コミュニティーの代表格。

興味がわいたら

銀河英雄伝説 1 黎明編

田中芳樹

今から1000年先の天の川銀河の中の人類社会で繰り広げられた戦争と一時の平和、その中で織りなす人間模様を描いたSF小説。現在の人類社会で起きている矛盾や課題が1000年先でも描かれており、それらを克服しようと行動する人々の姿がある。重要なのは、登場人物が発する名文句「正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に、はじめて成立する」。自然現象を注意深く観察し正しい方法で分析して、より確実に理解を深めるという手順の大切さが反映されている。本編10巻と外伝5巻、さらにこれを原作とするアニメ、漫画、コンピュータゲームなど多数ある。累計発行部数が1500万部を超える。 (星野之宣:イラスト/創元SF文庫)


宇宙戦艦ヤマト

放射能汚染が進行する地球を守るため、地球から14万8000光年離れたイスカンダル星へ向かう宇宙戦艦ヤマト。SF漫画家、松本零士を監督として、1974年に放送されたテレビアニメ、1977年に劇場公開されたアニメ映画だが、その後も人気が続き、続編やリメイク、小説版・コミック版などが現在に至るまで制作されている。宇宙という空間の存在、地球が普遍的・超越的な存在ではないということを教えてくれるアニメ。人間ドラマとしても見応えがある。 (松本零士)


日経サイエンス

月間科学雑誌。その時々の天文学の旬なトピックスが掲載され、高校生には夢を持って読んでもらえるだろう。天文学に関わらず、自然科学一般・科学技術に関わる様々なトピックスも掲載されているため、興味深い科学のテーマに触れることができ、幅広く見聞を広めることができる。そのほかの科学誌では、『パリティ』は、物理科学および関連分野の内容をかみくだき、“物理ファン”“科学ファン”を含む理工系大学生以上の人なら誰でも読みこなせるよう編集されている。1981年の創刊の科学雑誌『ニュートン』はスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々に特徴がある。 (日経サイエンス社)


COSMOS

カール・セーガン

アメリカの天文学者・SF作家、カール・セーガンの手になる1980年代のミリオンセラーの同書は、現在の多くの天文学者が、中学・高校生時代に影響を受けた本ではないだろうか。情緒とロマンのある語り口で、宇宙の様々なトピックスが広く俯瞰されている。そして人間の宇宙における存在意義や宇宙における生命や地球の尊さを考えさせる、どの時代にあっても普遍的に読まれるべき秀逸な著書と言える。この本は朝日選書による完全復刻。元宇宙飛行士・山崎直子さんの書き下ろしエッセイ「人類の故郷、宇宙への思い」も収録する。上下2巻。 (木村繁:訳/朝日選書)