神経化学・神経薬理学

「神経化学」は脳や神経の分子構造を明らかにし、「神経薬理学」はどんな物資が薬として効き目があるか解き明かす

神経創薬   ドーパミン   統合失調症   自閉症   神経発達障害

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

医学部 保健学科 検査技術科学専攻
【 主な研究者 】
稲垣忍

群馬大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
白尾智明
医学部 保健学科
【 主な研究者 】
大西浩史

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
木下専

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
梶村眞弓 仲嶋一範
薬学部
【 主な研究者 】
奥田隆志

新潟大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
五十嵐道弘

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

薬学部

【アルツハイマー病病態解析】

富山大学

医学部 医学科

【遺伝子変異とモデル動物の行動異常、記憶形成・除去のメカニズム】 高雄啓三先生は、遺伝子改変技術によるマウスの行動を解析し、脳の高次機能と遺伝子の関係にアプローチしている。また記憶形成・除去のメカニズムを研究するグループもある。

富山大学

薬学部

シナプスから核への情報伝達、転写調節因子、遺伝子発現制御に特筆。

山梨大学

医学部 医学科

シナプス形成のメカニズム(プレシナプス)を研究。

信州大学

医学部 医学科

シナプス可塑性発現の分子メカニズム、特にシナプスの膜直下にある組織の形成・再編のメカニズムの解明に取り組む。

滋賀医科大学

医学部 医学科 /神経難病研究センター

【脳の病気のメカニズムの解明、診断・治療法の開発】 医学部・看護学に特化した国立の単科の医科大学。神経難病の研究を進めるセンターを持つ。

前橋工科大学

工学部 システム生体工学科

前橋工科大学地域連携推進センターを設置し、群馬大・前橋商工会議所と医工連携の協定を結んで研究を行っている。

横浜市立大学

理学部 理学科

【神経再生の研究】 理学系と医学系の連携した生命医科学研究科で、竹居光太郎先生は、自身の発見した新しいタンパク質と神経再生の関連性について取り組んでいる。

横浜市立大学

医学部 医学科

【神経科学、神経薬理学、再生医学】 世界最先端の神経科学が学べ、その研究に従事することができる。

名古屋市立大学

医学部 医学科

【神経細胞の移動の研究】 澤本和延先生は、神経幹細胞という、神経細胞を作り出す細胞の働きと、できあがった神経細胞が正しい場所に移動する機構を精力的に研究している。

順天堂大学

医学部 医学科

【神経解剖学、神経内科学、オートファジー(自食作用)】 小松雅明先生は、2016年大隅良典博士がノーベル賞を受賞した分野で活躍し、タンパク質分解の異常が発がんにつながる研究を推進している。世界最先端の神経科学が学べ、その研究に取り組める。

東海大学

医学部 医学科

飯島崇利先生は、シナプスタンパク質のRNAのスプライシング制御研究が特筆。自閉症などの分子病態の解明が期待される。

東京理科大学

理工学部 医理工学際連携コース

【分子イメージング】 医学・理工の連携した医理工学際連携コースでは、生命科学研究科の研究者が同コースに協力。中村岳史先生は、細胞内のタンパク質の活性化を、生きた細胞の中で追跡する方法で成果を挙げている。

東洋大学

生命科学部 生命科学科

脳内シナプスの発生と可塑性を司る分子の研究。

主な研究者

研究者詳細
遠山育夫
滋賀医科大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻/神経難病研究センター

【神経内科学、病理学、解剖学】フッ素MR画像法という最先端の技術を駆使し、アルツハイマー病MR画像診断薬の開発研究。新規の診断薬ではそれまでの10倍以上強い信号を出し、アルツハイマー病モデルマウスで老人斑の画像化に成功。

西村正樹
滋賀医科大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻/神経難病研究センター

【アルツハイマー病の分子病態】アルツハイマー病の分子病態の研究。原因物質であるアミロイド生成に対する分子制御メカニズムを解明し、それに基づいた治療法開発プロジェクトを進める。アミロイド生成制御の分子機構を知ることで、副作用のないアミロイド生成を抑制する方法の開発を目指す。

竹居光太郎
横浜市立大学
生命医科学研究科 生命医科学専攻

【神経発生生物学、神経再生医学】脊髄損傷や脳梗塞といった神経障害で脳が一度損傷を受けると再生させるのはきわめて難しい。そのような脳内環境を制御するための方策を研究。それができれば、患者がかかえる運動や感覚の障害などの後遺症を改善するための手だてを見いだすことに直接的につながる。

鈴木利治
北海道大学
薬学部/生命科学院 生命科学専攻

【アルツハイマー病病態解析】神経細胞における膜小胞輸送機構を研究し、アルツハイマー病発症機構の解明と創薬ターゲットの診断、開発法に挑む。

富田泰輔
東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻

【アルツハイマー病病態解析】生化学と分子生物学を用いて、培養細胞と動物モデルの両面から分子・細胞病態研究を進め、アルツハイマー病、パーキンソン病、自閉症など神経精神疾患の病態解明から治療、診断薬開発を行う。

高橋淳
京都大学
医学研究科 医科学専攻/iPS細胞研究所

【脳疾患の再生医学】パーキンソン病のiPS細胞移植による機能回復を実践する第一人者。

山下俊英
大阪大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻

【神経障害における再生医学】脳疾患や神経障害における治療法開発の基礎研究で世界的研究者。

中島欽一
九州大学
医学部 医学科/医学系学府 医科学専攻

【脊髄損傷治癒法の開発】脊髄損傷における細胞移植や抗体治療法の第一人者。

牛場潤一
慶應義塾大学
理工学部 生命情報学科/理工学研究科 基礎理工学専攻

【リハビリテーション医療技術】体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数、BMI技術の第一人者。

中村雅也
慶應義塾大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【脊髄損傷治癒法の開発】最初、外科医としてのベースを築き、損傷した脊髄や中枢神経の再生医療に挑む。iPS細胞移植を主とした治療法開発の世界的研究者。

岡野栄之
慶應義塾大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【脊髄損傷治癒法の開発】霊長類にゲノム編集技術を用い免疫不全霊長類の作出に成功し、自閉症、統合失調症などの精神神経疾患研究に可能性を拓いた。さらに筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対するiPS細胞創薬に基づいた医師主導治験を開始。iPS細胞移植を主とした治療法開発の世界的研究者。

興味がわいたら

進化しすぎた脳 中高生と語る[大脳生理学]の最前線

池谷裕二

中高生との対話から見た大脳生理学がまとめられており、高校生が神経科学を学ぶにあたり、導入としてわかりやすく適している。記憶や意識、脳の解釈など脳の力などについて、ストレートに、かつ平易な言葉運びでテンポよく解説する。 (ブルーバックス)


痴呆の謎を解く アルツハイマー病遺伝子の発見

ルドルフ・E.タンジ、アン・B.パーソン

アルツハイマー病遺伝子発見の研究者自身による著書。アルツハイマー病の謎に挑戦する研究者の姿と、研究成果を巡る熾烈な研究競争の様子を伺い知ることができる。 (森啓:監、谷垣暁美:訳/文一総合出版)


アリスのままで

リサ・ジェノヴァ

若年性アルツハイマー病について、患者の立場から描いた小説。人生の最も充実した時期に、突然襲い掛かる病魔。苦悩の中、本人と家族がどのように向き合い、進行するアルツハイマー病を抱えて生きていくのかを、リアリティを持って描いている。映画化され、主演のジュリアン・ムーアは、第87回アカデミー賞で主演女優賞を受賞している。 (古屋美登里:訳/キノブックス)


脳  「かたち」と「はたらき」

C. Watoson、M. Kirkcaldie、G. Paxinos

脳や神経解剖学についての初学者向け入門書。数多くの写真や図版を用いて、脳の構造やニューロン、シナプス、成り立ちから最新研究内容、研究方法まで解説する。 (徳野博信:訳/共立出版)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ