ナノ材料工学

コンピュータの微細集積回路の電気配線、極小サイズの電極など、工業化を目指したナノ材料選びをし、新規のナノ材料を開発~工学系のナノ科学

ナノ原子シート   薄膜   電子デバイス   量子デバイス

のぞいてみよう!この学問

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
西原洋知
工学部 化学・バイオ工学科 化学工学コース
【 主な研究者 】
長尾大輔
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
大野裕

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用物理学科目
【 主な研究者 】
小林慶裕
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
白土優
基礎工学部 電子物理科学科 エレクトロニクスコース
【 主な研究者 】
中村芳明

九州大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
藤ヶ谷剛彦
工学部 材料工学科
【 主な研究者 】
金子賢治
工学部 融合基礎工学科 物質材料コース
【 主な研究者 】
波多聡

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 マテリアル工学課程
【 主な研究者 】
瀧川順庸

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
笹木敬司 原真二郎
工学部 応用理工系学科 応用物理工学コース
【 主な研究者 】
内田努

山形大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学・化学工学コース
【 主な研究者 】
増原陽人
工学部(フレックス) システム創成工学科
【 主な研究者 】
久保田繁

東京工業大学

物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
尾中晋

名古屋大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
永野修作

海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

物理学科

【低次元物質、ナノ物性】 オリジナルな優れた研究を行っている。

University of California, Los Angeles/カリフォルニア大学ロサンゼルス校(米)

【有機デバイス】 Y.Yang教授は有機太陽電池の研究者として非常に有名。

University of California, Riverside/カリフォルニア大学リバーサイド校(米)

物理天文学科

【ナノ物性】 オリジナルな優れた研究を行っている。

Johannes Kepler University Linz/ヨハネス ケプラー・リンツ大学(オーストリア)

【有機デバイス】 N. S. Sariciftci教授は有機薄膜太陽電池のなかでもバルクへテロ型太陽電池の創始者の1人である。

Catholic University of Leuven/ルーヴェン・カトリック大学 (ベルギー)

【光化学】 J. Hofkens教授は世界的な光工学における第一人者の一人。

活躍する研究者

“ナノスケールの世界の建築家”が創る「次世代光・電子デバイス材料」

増原陽人 先生
山形大学
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学・化学工学コース/理工学研究科 化学・バイオ工学専攻

これまでにないナノ材料を開発するナノ材料工学の分野の中で、私たちが追求するテーマを簡単に表現すると“ナノスケールの世界の建築家”です。例えば、イオン膜を挟んだ電極・・・

久保田繁 先生
山形大学
工学部(フレックス) システム創成工学科/理工学研究科 情報・エレクトロニクス専攻

【コロイド化学、有機結晶、粉体工学】低コスト・大面積・フレキシブルといった、優れた性質を持つ次世代型太陽電池、有機太陽電池の研究を行う。太陽電池内の光の流れに関する計算機シミュレーションを行うことで、太陽光を最大限に利用できるような、新しい発電デバイスを提案する研究も。

神田晶申 先生
筑波大学
理工学群 物理学類/理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 物理学学位プログラム

【物性物理学、メゾスコピック電子輸送現象、メゾスコピック超伝導】新しいナノ炭素材料、グラフェンを用いた、電子デバイスへの応用研究。そのために必要なバンドギャップという電子の伝導ギャップを持たせることに成功。グラフェンが新しい電子半導体の切り札になる可能性を拓いた。

藪浩 先生
東北大学
材料科学高等研究所

【ポリマーナノ粒子】最新の重合技術を駆使、親水性と疎水性を併せ持つ両親媒性ポリマーの新規合成で活躍する。

長汐晃輔 先生
東京大学
工学部 マテリアル工学科/工学系研究科 マテリアル工学専攻

【ナノカーボンの電子デバイス応用】グラフェンに代表されるナノカーボン材料の次世代エレクトロニクス応用を目指して研究。目のつけ所が優れており、成果を挙げている。

永野修作 先生
名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 有機・高分子化学専攻

【液晶、ポリマー構造解析】X線を用いたポリマー薄膜などの内部構造評価で有名。解析、評価だけでなく、材料合成なども行いマルチな才能を持っている。

若宮淳志 先生
京都大学
理学部 理学科 化学系/理学研究科 化学専攻/化学研究所

【太陽電池、有機合成】有機太陽電池の中で、今もっともホットな分野であるペロブスカイト太陽電池の第一人者。

秋田成司 先生
大阪府立大学
工学域 電気電子系学類 電子物理工学課程/工学研究科 電子・数物系専攻

【ナノカーボンの電子デバイス応用】カーボンナノチューブやグラフェン、カーボンナノコイルといったナノカーボンの合成プロセスの研究。さらにこれらの新素材を活用した応用研究を進める。

前田大光 先生
立命館大学
生命科学部 応用化学科/生命科学研究科 生命科学専攻

【有機分子合成】主に有機分子の集合体を合成しており、日本の有機合成界を牽引する若手研究者の一人。

学問をもっと深く知るために

[素粒子物理実験、実験的宇宙論、高エネルギー物理学]
来たれ高校生! ビッグバン以前の宇宙を観測するために人工衛星を打ち上げよう

羽澄昌史 先生
総合研究大学院大学

興味がわいたら

ダイヤモンドの科学

松原總

ダイヤモンドは、なぜ他の宝石よりも輝きが強いのか。宝石としての魅力から、結晶構造や、半導体としての応用も含め、様々な角度からダイヤモンドの物性を紹介。固体物理の基礎がたくさん含まれた内容となっている。 (ブルーバックス)


微粒子・粉体の作製と応用

川口春馬:監

ナノレベル、マイクロレベルの粉体(粒子)は多くの工業製品で用いられている。その紛体の基礎分野から応用分野まで網羅。大学の研究者のみならず、化粧品会社や化学メーカーなど企業の研究者が分担執筆している。専門書ではあるが高校生でも興味があれば挑戦してみてほしい。 (シーエムシー出版)


トコトンやさしい粉の本

山本英夫、伊ヶ崎文和、山田昌治

小麦粉、インスタントコーヒーなど身近な粉から始まって、多様な工業分野で活躍する「粉」を紹介。「未来は粉にある!」と、光触媒微粒子やカーボンナノチューブ、太陽電池や燃料電池など未来を創る「粉」もやさしく解説している。 (日刊工業新聞社)


ナノテクって面白い!!…∞ 孫と一緒にサイエンス

川添良幸

ナノ学会会長を務めるおじいさんが孫に説明するスタイルで、高校生には少し簡単すぎるかもしれないが、ナノテクがいかに普段の生活につながっているかが理解できる。 (近代科学社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ