教育・心理系

光とともに… 自閉症児を抱えて

戸部けいこ

自閉スペクトラム症(自閉症)というのは脳の障がいですので、外見ではわかりません。それに加えて、自閉症の示す症状は人によって様々なため、周囲からは「しつけの問題」「わがままな子」と思われるなど、理解されにくい障がいです。

この本が出版された当時は、まだ自閉症のことが今ほど世間一般に知られていませんでしたので、世間に与えた衝撃は大きかったと思います。しかし今読んでも自閉症の子どものパニックの様子、それに対応して疲弊していく家族の様子、障がいを受容していく母親の姿など、参考になる部分は大きいと思います。ぜひ一度手に取って、自閉症の世界をのぞいてみてください。 (秋田書店)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ