経営

海賊と呼ばれた男

百田尚樹

神戸高商を卒業した出光佐三が主人公のモデルです。佐三はガリ勉タイプではなかったものの、在学中に企業家に不可欠な深い教養を修得し、それが数名の零細な商店から出発して出光興産という大企業に成長できた基礎になっていました。

本書からはビジネスにおける創意工夫や粘り強さ、熱情、そして何よりも倫理観念の必要性が読み取れるでしょう。佐三の業績を讃えて神戸大学には「出光佐三記念 六甲台講堂」が秀麗な姿を誇っています。 (講談社文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ