経営

商店街再生の罠

久繁哲之介

1960年以降のスーパーマーケットの成長、近年のコンビニの台頭やネット通販の拡大によって、それまで人々の主たる買物場所であった街の商店街は衰退し続けてきた。しかし一方で、復活のために頑張っている商店街もたくさんある。本書は、それらの事例を紹介すると同時に、再生の道を探る上での課題を批判的に指摘している。本書のテーマは、企業はどのように成長し、人々に満足を与えることができるかという商学、そしてその中心領域である流通・マーケティング論の視点と密接に関連している。現在うまく成長できていない「商店街」の復活策を事例を通して考え、買物を通じて人々に満足を与えるというのはどういうことかを検討している。 (ちくま新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ