社会学

存在のない子供たち

「人は自分がどう生まれたいかを選んで生まれてくるわけではない」ことを扱った映画です。中東の貧民窟で生まれた少年が、「こんな世の中に、僕を生んだこと」を理由に両親を告訴した物語。俳優は使わず、すべて本当にそのような環境に育った人たちが演じています。過酷な現実を少しでも知ることにつながる映画です。 (ナディーン・ラバキー:監督)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ