書物と映像の未来 グーグル化する世界の知の課題とは

長尾真、遠藤薫、吉見俊哉

「知」が人類の歴史を作ってきました。「知」はメディアによって人々に共有されます。今、Googleに代表されるようなインターネットサービスが世界に広まり、「知」の形も大きく変わりつつあります。そのとき、これまで「書物」や「映像」に担われてきた「知」はどのように変容するでしょうか。その期待と課題を、様々な視点から専門家たちが語ります。高校生から大学生、社会人まで、どなたにも興味深く読んでいただけると思います。 (岩波書店)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ