海と毒薬

遠藤周作

第二次世界大戦中、九州帝国大学(現九州大)附属病院では、米軍捕虜が生きたまま解剖された。この実際の事件を題材にした小説が本書である。上司から命じられ、生体解剖に参加することになってしまう医師や看護師たち。自分ならばどのような態度を取ったかを考えずにはいられないだろう。一人では逆らいがたい「社会」や「集団」といった強い流れの中で、自分は何を考えてどう行動するのかという問いに、向き合ってみて欲しい。 (講談社文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ