本能寺の変 431年目の真実 

明智憲三郎

一般に、本能寺で織田信長が明智光秀に討たれた理由は、信長への遺恨だったと言われている。この本は、そうではないとして真実を明らかにしていく。著者は明智光秀の子で、光秀残党狩りから逃れた於寉丸(おづるまる)の子孫という伝承を持つ。情報処理技術者としての会社勤めのかたわら膨大な資料を読み解き出版。これまでも本能寺の変は、歴史家や愛好家の間で、信長や光秀の言動には謎が多すぎると言われてきた。そういう疑念があったからこそ注目を浴び、疑念に光を当てる一冊としてこの本はベストセラーになった。 (文芸社文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ