時を刻む湖 7万枚の地層に挑んだ科学者たち

中川毅

福井県水月湖の年縞が、過去5万年間の時を測る「世界の標準時計」になるまでの、研究者たちの二十数年にわたる物語。挑戦的な科学には、読み手が興奮するような物語があります。プロジェクトを主導した著者本人が、夢と挫折、栄光の物語をわかりやすく、熱く語っています。この物語の舞台である福井県水月湖の畔には、著者の監修で年縞博物館が開館しています。ぜひ、本と併せて博物館を訪れてみてほしいです。 (岩波科学ライブラリー)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ