現代語訳 学問のすすめ

福澤諭吉

『学問のすすめ』は、福澤諭吉による学問に向かう基本的な姿勢に対する指南書であり、人間として生きていくための必要な倫理観や資質が書かれている。100年前に書かれたとは思えず、現在にも(現在だからこそ)通じる、一生に一度は読むべき必読書。なぜ人は勉強しなければいけないのかという疑問に答えてくれる。 (齋藤孝:訳/ちくま新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ