はたらく細胞

清水茜

白血球と赤血球をはじめとした体内細胞を擬人化し、体内のさまざまな出来事をドラマ仕立てで描くマンガ。この第二巻では、「赤芽球と骨髄球」をはじめ、食中毒、熱中症、がん細胞についてのドラマだ。擬人化されたがん細胞の末路が哀れだ。 (シリウスKC)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ