社会学の本

大衆教育社会のゆくえ 学歴主義と平等神話の戦後史

苅谷剛彦

「階層と教育」というテーマは、イギリスやアメリカ、フランスなどの欧米先進諸国で一般的であったが、戦後の日本では世間の注目を集めなかった。現実には、子どもの社会経済的な家庭環境(出身階層)によって取得する学歴(教育達成)に格差は厳然と存在するにも関わらず、それは問題視されず、学歴取得をめぐる競争が大衆的規模で拡大した。そうした日本に固有の「大衆教育社会」が成立する謎に答えた著書。「階層と教育」という教育社会学の古典的テーマが簡潔に整理され、日本の学歴主義、学歴社会論の独自性に関する理解も助ける。2000年代以降に「格差社会」が叫ばれる以前の日本の教育社会について、踏まえておくべき戦後史像が提示されている。 (中公文庫)



家族という病

下重暁子

筆者は「日本では家族はなぜ美化されるのか」と問う。筆者の「家族観」をもとに、家族や家族にまつわる制度が批判的に描かれている。日本の家族制度が人間生活にどのような影響を与えているのかということについて、考え直す機会を提供してくれる。 (幻冬舎)



しあわせに働ける社会へ

竹信三恵子

今日、私たちの社会で「働く」ことは、正社員としても非正社員としても相当に厳しい状況にあることを解説する。あわせて、それに対して具体的にどのような対応策があるのか、求めるべき社会の仕組みはどのようなものかを解説し、働くことによって幸せになれる社会を展望している。労働の困難の背景には、ジェンダーがあることも明快に指摘されている。労働者に何が保障されているのかという大切な知識も詰まっている。社会に出る前に是非読んでほしい一冊だ。 (岩波ジュニア新書)



男性の非暴力宣言  ホワイトリボン・キャンペーン

多賀太、伊藤公雄

ジェンダー論は女性だけの問題ではない。暴力と結びつけられがちな男性性からの脱却は、女性に対する暴力、いじめなど問題の解決には不可欠だ。私たちの社会で男性が背負う、男性のありかたを見直すことは、男性自身の解放につながるだろう。 (岩波ブックレット)



原発避難と創発的支援 活かされた中越の災害対応経験

高橋若菜、田口卓臣、松井克浩

かつて中越・中越沖の震災を経験した新潟県は、福島原発事故において、いち早く対応し、次々に有効な支援を打ち出した。新潟県の全面的なサポート体制を、新潟県職員や中間支援組織職員の証言や、新潟県による避難者アンケートから紹介する。 (本の泉社)



シティプロモーション 地域の魅力を創るしごと

河井孝仁

いかに地域を盛り上げていくか。地域の価値を生み出しそれを発信するのが「シティプロモーション」。その意義や具体的手法、事例がわかる。東海大学文学部広報メディア学科の河井孝仁ゼミナールの学生たちの調査や考察も本書に活用されている。 (東京法令出版)



生活保障 排除しない社会へ

宮本太郎

社会保障のみならず雇用も併せた「生活保障」の観点から、現在の社会保障をめぐる問題がよく描かれている。スウェーデンなど北欧の事例も紹介しており、日本が進むべき社会保障の道を示そうとしている。 (岩波新書)



世界を見るための38講

宇都宮大学国際学部:編

「栃木というローカルな地域において、グローバルかつ普遍的な視点に立つ」宇都宮大学国際学部の38名の教員たちが、国際関係、アジア、文化、多言語、足元の地域、遠方の地域、学問の方法の7つの切り口から、複雑で多様で繊細、そしてますます混迷を深める世界を、自分の目で見るための「窓」を提供する。スウェーデンのごみ分別の現場を探り、スウェーデンが生き残りをかけて、持続可能な都市形成を戦略的に進めていること、福島原発事故後の乳幼児や妊婦の被害者状況を明らかにし政策提言していることなど、多様なテーマの38講。 (下野新聞社)



ルポ 虐待 大阪二児置き去り死事件

杉山春

いま、日本社会で子育てがどれほどの労力を、母親にかけているのか。そして、世間でスキャンダラスに報道される母親による「虐待」。これは実は、本人の問題というより、育児をする母親に対して日本社会が冷淡であること、無理解であること、母親の負担を共有しないという態度から生じていることがよく理解できる本だ。母親ひとりに責任を押し付ける社会が、いかに母親だけでなく、子どもにも悲劇をもたらすかも明らかにされている。 (ちくま新書)



定常型社会 新しい「豊かさ」の構想

広井良典

著者の京都大学・広井良典先生が提唱する「定常型社会」とは、右肩上がりの成長、特に経済成長を絶対的な目標としなくとも十分な豊かさが実現されていく社会のこと。そうした経済成長至上主義ではない、定常化社会において、どのような社会保障が必要か、福祉のあり方について独創的に論じられている。 (岩波新書)


関連する学問

18.社会・法・国際・経済の学問をみてみよう
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ