昆虫科学

地球上の全動物で最も多様な進化に成功した!昆虫のすごい能力を探り、人間生活に生かし利用する

養蚕   養蜂   昆虫模倣ロボット   クモの糸の遺伝子   バイオミメティクス

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修
【 主な研究者 】
松尾隆嗣 勝間進

東京農工大学

農学部 共同獣医学科
【 主な研究者 】
佐藤俊幸

九州大学

農学部 生物資源環境学科 生物資源生産科学コース
【 主な研究者 】
日下部宜宏

名古屋大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
池田素子 三浦健

京都大学

理学部 理学科 生物科学系
【 主な研究者 】
沼田英治
農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
松浦健二

北海道大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
浅野眞一郎 伴戸久徳

琉球大学

理学部 海洋自然科学科 生物系
【 主な研究者 】
徳田岳
農学部 亜熱帯農林環境科学科 生態環境科学コース
【 主な研究者 】
辻瑞樹

京都工芸繊維大学

工芸科学部 応用生物学課程
【 主な研究者 】
小谷英治

山口大学

理学部 生物・化学科 生物学コース
【 主な研究者 】
山中明
農学部 生物資源環境科学科
【 主な研究者 】
小林淳

その他の優れた大学

大学詳細

富山大学

理学部 生物学科

【昆虫生理学、進化発生学】 社会性昆虫と微生物との共生の研究を活発に進めている。

信州大学

理学部 理学科 生物学コース

【進化生態学】 アリとアリ植物など生物間相互作用の進化生態学に特色がある。

信州大学

繊維学部 応用生物科学科

野蚕(野外に生息するカイコの仲間)の研究。長野という自然の豊かな県ならではの昆虫を活かした研究が行われている。

岐阜大学

応用生物科学部 生産環境科学課程 環境生態科学コース

【外来昆虫】 外来種昆虫の世界一線級研究をしている。

神戸大学

農学部 生命機能科学科 環境生物学コース

【昆虫多様性生態学、昆虫分子機能科学】 昆虫生態学や生理学に関する研究が盛んな大学である。

愛媛大学

農学部 食料生産学科 農業生産学コース

【環境昆虫学、昆虫分類学】 昆虫分類学に関する研究が盛んな大学である。日本昆虫分類学会の事務局があり、地方大学で昆虫分類学ができる。

佐賀大学

農学部 応用生物科学科

【昆虫学、システム生態学、動物行動生態学】 昆虫生態学や生理学に関する研究が盛んな大学である。

京都府立大学

生命環境学部 農学生命科学科

【応用昆虫学】 昆虫の種分化に関する研究などが盛んな大学である。

玉川大学

農学部 生産農学科 昆虫科学領域

【ミツバチ学、社会性昆虫学】 ミツバチ科学研究センターは、ミツバチの研究において伝統と定評がある、日本における社会性ハチの研究中心的存在。若手教員を多数採用して活発である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

Museum of Comparative Zoology

【Evolutionary Biology、Entomology】 E.O.Wilsonも所属していた世界の昆虫の自然史研究の老舗。

Texas A&M University/テキサスA&M大学(米)

Department of Entomology

【Entomology】 基礎から応用まで世界の昆虫学の研究センター。

University of Cambridge/ケンブリッジ大学(英)

動物学科

【行動生態学】 親子性昆虫の研究などを行っている。

University of Sussex/サセックス大学(英)

The Laboratory of Apiculture and Social Insects

【Entomology】 ミツバチ関連の生態研究の欧州の拠点の一つ。

Philipps-Universität Marburg/フィリップ大学マールブルク(独)

Faculty of Biology

【微生物学】 隣接するマックスプランク陸上微生物学研究所と共同で教育研究が進められている。留学生用のプログラムも組まれている。

Universität Regensburg/レーゲンスブルク大学(独)

医学生物学部

【社会性昆虫学】 主としてアリを対象に幅広く研究を行っている。

University of Lausanne/ローザンヌ大学(スイス)

医学生物学部

【社会性昆虫学】 アリを対象に先端的な研究を行っている。

主な研究者

研究者詳細

佐藤俊幸

東京農工大学
農学部 共同獣医学科/岐阜大学大学院連合獣医学研究科 獣医学専攻
【行動生態学】 ミツバチの女王はなんの目的で雌雄を産み分けるのか、アリはなぜ協力したりしなかったりするのかなど、動物の行動が実際に生存と生殖にどのような役割を果たしているか、また、行動はどのようなしくみで起こるのかを研究。

伴野豊

九州大学
生物資源環境科学府 生命機能科学専攻/遺伝子資源開発研究センター
【遺伝学、養蚕学】 カイコの遺伝、新たな活用に関して、カイコを長期間保存する方法を研究。カイコの卵は1年しか保存できず、カイコを維持するには毎年の飼育が必要になる。その労力を軽減するため、卵巣や精子を液体窒素中に保存し卵巣移植や人工授精でカイコを蘇生する技術の開発に取り組む。

早川洋一

佐賀大学
農学部 応用生物科学科 生物資源制御学講座/農学研究科 生物資源科学専攻
【基礎生命科学】 昆虫はストレスをどう感知し、影響を受け、最終的にどのように死ぬかという問題を、生化学・分子生物学的手法を用いて研究。昆虫体内でストレス順応性を誘導するような分子が見つかれば、将来、ヒトの基礎医学にも大きな影響を及ぼす可能性がある。

徳田誠

佐賀大学
農学部 応用生物科学科 生物資源制御学講座/農学研究科 生物資源科学専攻
【昆虫学、昆虫生理生態学、系統分類学、植物保護学、進化生物学】 昆虫には植物を食べるだけでなく、植物を様々に改変して利用する昆虫もいる。そんな昆虫の宿主植物操作でユニークな研究をする。昆虫と植物の相互作用に着目し、地球上で生物の多様性が産み出され、維持されているメカニズムを解明する。

徳田岳

琉球大学
理学部 海洋自然科学科 生物系/理工学研究科 海洋自然科学専攻/熱帯生物圏研究センター
【昆虫生理学】 シロアリがどうやって木材を消化し、必要な栄養を得ているのか研究。この現象は、シロアリ自身の働きと、腸内に共生する微生物の働きの両方によって成り立つ。そのしくみがわかれば、バイオ燃料を作る可能性が期待される。

辻瑞樹

琉球大学
農学部 亜熱帯農林環境科学科 生態環境科学コース/農学研究科 亜熱帯農学専攻
【進化生態学、行動生態学、社会生理学、社会生物学、社会性昆虫学】 アリやシロアリが協力し、ヒトと似た社会を持つに至った進化のしくみを、遺伝子から生態系まで生物階層を縦断するアプローチで研究。公共財を大切にすべきか否かという利他行動のジレンマが、ヒト以外で存在することを初めて発見。脳のドーパミンがアリの共同行動に関わることにも取り組む。この分野の世界的な第一人者。

吉澤和徳

北海道大学
農学部 生物資源科学科/農学院 環境資源学専攻
【昆虫分類学】 昆虫における翅の進化や高次分類学に関する世界的な研究を展開している。

長谷川英祐

北海道大学
農学部 生物資源科学科/農学院 環境資源学専攻
【昆虫生態学】 『働かないアリに意義がある』の著者。

金児雄

弘前大学
農学生命科学部 食料資源学科 食料生産環境コース/農学生命科学研究科 農学生命科学専攻
【体節特異的なホルモン応答シグナルの分子機構の解明】 昆虫ホルモンに関する若手のホープ。丁寧な研究姿勢と慎重な考察に定評がある。

三浦徹

東京大学
理学部 生物学科/理学系研究科 生物科学専攻/臨海実験所
【生態発生学】 シロアリ、アブラムシ、ミジンコなど様々な材料を用いて、発生や分化のしくみに迫る最先端研究。

本郷裕一

東京工業大学
生命理工学院 生命理工学系
【昆虫の腸内共生系】 細胞集団の遺伝子を解析する一般的な方法と異なり、個々の細胞で精度の高い解析をする「シングルセルゲノム解析」という先端的な遺伝子解析法を用いる。この方法で様々な共生微生物の機能を明らかにしている。

前川清人

富山大学
理学部 生物学科 生体構造学分野/理工学教育部 生物学専攻
【昆虫生理学、昆虫生態学、進化発生学】 シロアリと微生物の共生について分子生物学的な方法で調べ、シロアリや社会性ゴキブリの形態形成や階級分化について最先端の研究をする。

木矢剛智

金沢大学
理工学域 生命理工学類 生命システムコース/自然科学研究科 自然システム学専攻
【昆虫のフェロモン、行動、内分泌系に関する研究】 カイコ、ミツバチ、ショウジョウバエと幅広い昆虫を対象に活躍。環境に対する適応能力を追究している。

市野隆雄

信州大学
理学部 理学科 生物学コース/総合理工学研究科 理学専攻
【生物間相互作用の進化生態学】 昆虫と植物の相互作用による進化について研究。大勢の学生にレベルの高い研究を指導している。

土田浩治

岐阜大学
応用生物科学部 生産環境科学課程 環境生態科学コース/自然科学技術研究科 生物生産環境科学専攻
【昆虫生態学】 外来社会性昆虫のエキスパート。

土畑重人

京都大学
農学部 資源生物科学科/農学研究科 応用生物科学
【社会性昆虫学、昆虫生態学】 若手のホープで人当たりもいい教育者。

松浦健二

京都大学
農学部 資源生物科学科/農学研究科 応用生物科学専攻
【昆虫生態学、社会性昆虫学】 シロアリの繁殖様式から、シロアリの生態学的特長を活かした駆除方法の開発まで、非常にユニークな研究をする。シロアリの社会性に関して世界を牽引する研究を展開。業績的にも彼の右に出るものはいないと思われる。

杉浦真治

神戸大学
農学部 生命機能科学科 環境生物学コース/農学研究科 生命機能科学専攻
【昆虫生態学】 フィールドで見られる様々な現象に着目し、ユニークな研究を展開している。

宮竹貴久

岡山大学
農学部 総合農業科学科 環境生態学コース/環境生命科学研究科 生命環境学専攻
【昆虫生態学、生理学】 性選択と害虫の基礎研究で著名。

安井行雄

香川大学
農学部 応用生物科学科/農学研究科 生物資源生産学専攻
【生態学】 性選択と進化基礎理論の基礎研究で著名。ダニが専門。

細川貴弘

九州大学
理学部 生物学科/システム生命科学府 システム生命科学専攻
【昆虫生理生態学】 昆虫と微生物の関係でユニークな研究をしている。

丸山宗利

九州大学
総合研究博物館
【昆虫分類学、アリと共生する好蟻性昆虫などの分類学】 アリの巣に生息する様々な昆虫を中心に、自然史的な研究を展開し、昆虫の分類に正統的に取り組んでいる。『昆虫はすごい』などの著者。

後藤慎介

大阪市立大学
理学部 生物学科/理学研究科 生物地球系専攻
【昆虫生理学】 昆虫の休眠性など、生理学に関して世界をリードする研究を展開。

佐々木謙

玉川大学
農学部 生産農学科 昆虫科学領域/農学研究科 資源生物学専攻/ミツバチ科学研究センター
【生体アミンが社会性昆虫の行動に与える影響、昆虫生理学】 重要な生理作用を持つ生体アミンが昆虫の行動に与える影響について日本で随一の研究者であり、社会性昆虫の脳の研究では世界トップクラス。

原野健一

玉川大学
学術研究所/ミツバチ科学研究センター
【ミツバチの行動生態学】 ミツバチなどを含めたハナバチ類を対象に、正統的な行動学の研究を行っている。

秋元信一

北海道大学
農学部 生物資源科学科/農学院 共生基盤学専攻
【昆虫分類学・生態学】 分類学と生態学の両方のエキスパートで多数の学生を育てた。

嶋田正和

東京大学
教養学部 学際科学科 広域システムコース/総合文化研究科 広域科学専攻
【昆虫生態学】 『動物生態学』の著者。各種学会長を歴任。

嶋田透

東京大学
農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修/農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

藤原晴彦

東京大学
新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻
【昆虫の擬態、特異な形質の生物学的研究】 昆虫の持つ多様な生存戦略について研究。日本やアジアという地域に根ざした昆虫を中心に、世界的な研究を行っている。

粕谷英一

九州大学
理学部 生物学科/システム生命科学府 システム生命科学専攻
【昆虫生態学】 元動物行動学会長

興味がわいたら

ぜんぶわかる! カイコ  しぜんのひみつ写真館

新開孝

カイコは家畜化された昆虫で、養蚕は少なくとも5000年の歴史を持ち、野生には生息しない。またカイコは、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、人間による管理なしでは生育することができないと言われる。そんなことも驚きだが、このカイコの一生や、利用の方法、昆虫研究において重要な点がキレイな写真と共に理解できる写真集だ。著者は大学で昆虫学を学び、卒業後、フリーの昆虫写真家として独立。昆虫の多様で不思議な生態を掘り下げ、独自の視点から撮影している。カイコの専門家、伴野豊先生が監修する。 (伴野豊:監修/ポプラ社)


フィールドの生物学 アリの巣をめぐる冒険 未踏の調査地は足下に

丸山宗利

アリが仲間と暮らすことは知っていても、アリと共生する昆虫がいるって驚きだ。この本は、東海大学出版会がシリーズで出す「フィールドの生物学」の一冊。昆虫関係ではほかにも、「虫をとおして森をみる 熱帯雨林の昆虫の多様性」などがある。同シリーズは、若手研究者が、さまざまな生き物とどういうきっかけで巡り合い、どのような調査をして研究を進展させたか、わかりやすく記述されており、自然界の生き物に興味がある高校生や、将来世界を股にかけて活躍したい高校生に読んでもらいたい。昆虫以外にも、哺乳類や魚などの研究者も執筆しているが、生物学に関する内容としては材料が違うだけで、取り組んでいることに本質的な共通点も多い。 (東海大学出版部)


進化を飛躍させる新しい主役 モンシロチョウの世界から

小原嘉明

モンシロチョウのオスはどのようにしてメスを探すのか、著者はオスがメスの翅の紫外線領域の反射の違いを見分けると結論するのだが、どのような仮説を立て明らかにしたのか、研究の進め方、考え方が実体験とともに理解できるわかりやすい本。卒業研究や修士・博士論文になった研究が紹介され、学生と一緒になって壁に突き当たりながら行動原理を追及していった軌跡が書かれている。教科書には載っていない著者の新しい仮説も紹介されている。また昆虫の配偶行動、オスとメスの翅色の性差、配偶者認知の進化を地球的規模でダイナミックにとらえ、昆虫の行動原理を追及している点で、昆虫科学という学問の読み物として高校生にお勧めできる。 (岩波ジュニア新書)


働かないアリに意義がある

長谷川英祐

この本は、いわゆるニート問題をアリの行動から生物学的に解釈する道をあたえ、世間の注目を昆虫科学に集めたことで高く評価できる。「働き者」の代名詞の働きアリは実はほとんどの時間何もせずだらだら過ごしていること、個体ごとにみるとまったく働いていないものもいることを示し、そしてなぜそうなのか科学的に解き明かそうとしたこと、このような切り口は、高校生の知的好奇心をくすぐると思われる。ただし、昆虫科学という学問の専門的観点からは内容には誇張や誤りも多いという。 (メディアファクトリー新書)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ