スポーツ科学

「スポーツ科学」は、スポーツ選手の心技体にアプローチし科学的な練習方法を編み出す。「スポーツ医科学」は、身体の代謝のしくみを理解し、故障の予防・治療法を考え出す

コーチング学   メンタルトレーニング   スポーツ生理学   スポーツ栄養学   ドーピング

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

筑波大学

体育専門学群
【 主な研究者 】
前田清司 本間三和子 尾縣貢 香田郡秀 清水紀宏
理工学群 応用理工学類 物質・分子工学主専攻
【 主な研究者 】
鈴木博章
情報学群 情報科学類
【 主な研究者 】
山際伸一

早稲田大学

スポーツ科学部 スポーツ科学科
【 主な研究者 】
石井昌幸 樋口満 岡田純一 松岡宏高 中村好男

鹿屋体育大学

体育学部
【 主な研究者 】
荻田太 竹下俊一 吉武康栄 濱田初幸 竹中健太郎

立命館大学

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース
【 主な研究者 】
伊坂忠夫 後藤一成 藤田聡
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツマネジメントコース
【 主な研究者 】
長積仁
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ教育学コース
【 主な研究者 】
佐久間春夫
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 健康運動科学コース
【 主な研究者 】
橋本健志
産業社会学部 現代社会学科 スポーツ社会専攻
【 主な研究者 】
権学俊 中西純司

東京大学

教養学部 統合自然科学科 スポーツ科学サブコース
【 主な研究者 】
吉岡伸輔 寺田新 石井直方 工藤和俊 久保啓太郎

順天堂大学

スポーツ健康科学部 スポーツ科学科 コーチング科学コース
【 主な研究者 】
吉村雅文 青木和浩 鯉川なつえ
スポーツ健康科学部 スポーツ科学科 スポーツ医科学コース
【 主な研究者 】
町田修一
スポーツ健康科学部 スポーツマネジメント学科
【 主な研究者 】
工藤康宏 小笠原悦子

金沢大学

人間社会学域 地域創造学類 健康スポーツコース
【 主な研究者 】
藤谷かおる

名古屋大学

教育学部 人間発達科学科 国際社会文化コース
【 主な研究者 】
内田良
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
下村吉治
情報学部 自然情報学科
【 主な研究者 】
永峰康一郎

広島大学

総合科学部 総合科学科 人間探究領域
【 主な研究者 】
関矢寛史 船瀬広三 和田正信 長谷川博

大阪体育大学

体育学部 健康・スポーツマネジメント学科 アスレティックトレーニングコース
【 主な研究者 】
石川昌紀 下河内洋平
体育学部 健康・スポーツマネジメント学科 健康スポーツコース
【 主な研究者 】
岡村浩嗣 浜田拓
体育学部 健康・スポーツマネジメント学科 スポーツマネジメントコース
【 主な研究者 】
冨山浩三
体育学部 スポーツ教育学科 スポーツ心理・カウンセリングコース
【 主な研究者 】
土屋裕睦 菅生貴之

その他の優れた大学

大学詳細

京都大学

総合人間学部 総合人間学科 認知情報学系

【神経、筋制御の研究】 この分野で極めて優秀な成果をあげている研究室がある。研究室の運営、教授の力量によると考えられる。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Maryland/メリーランド大学(米)

Neuromechanics Laboratory

【バイオメカニクス】 スポーツメーカーとのコラボ研究

University of Oregon/オレゴン大学(米)

Motion Analysis Laboratory

【バイオメカニクス】 スポーツ現場への応用研究

University of Calgary/カルガリー大学(カナダ)

Human performance laboratory

【バイオメカニクス、生理学】 ビッグラボであり、世界中からポスドクが集まっている。

Loughborough University/ラフバラー大学(英)

スポーツ・レジャーマネジメントコース

国内では十分とはいえないスポーツ政策に関する研究を行っている。

主な研究者

研究者詳細

來田享子

中京大学
スポーツ科学部 スポーツ教育学科/体育学研究科 体育学専攻
【体育・スポーツ史】 オリンピック・ムーブメントの歴史を研究することによって、スポーツと人権の問題を考える。

伊坂忠夫

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース/スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻
【バイオメカニクス】 スポーツ動作を含めて人間の動作時に、どの筋肉がどの程度筋力発揮をしているのかをコンピュータシミュレーションによって計算し、従来のトレーニング器具では実現できなかったトレーニング負荷を発生させる装置を開発。

土屋裕睦

大阪体育大学
体育学部 スポーツ教育学科 スポーツ心理・カウンセリングコース/スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻
【スポーツ心理学、メンタルトレーニング、スポーツカウンセリング】 選手の心技体にアプローチ、特にプレッシャーのかかる試合でメンタルトレーニングを実施。また高齢者の歩行転倒バランスを研究する。

八板昭仁

九州共立大学
スポーツ学部 スポーツ学科
【球技運動学、コーチング学(バスケットボール)】 バスケットボールにおける、プレイヤーのゲーム中の状況判断能力について研究。

吉岡伸輔

東京大学
教養学部 統合自然科学科 スポーツ科学サブコース/総合文化研究科 広域科学専攻
【バイオメカニクス】 身体運動の動作分析にコンピュータシミュレーションを利用した研究をしている。

田原淳子

国士舘大学
体育学部 こどもスポーツ教育学科/スポーツ・システム研究科 スポーツ・システム専攻
【オリンピックと戦争、政治】

田中暢子

桐蔭横浜大学
スポーツ健康政策学部 スポーツ健康政策学科/スポーツ科学研究科 スポーツ科学専攻
【スポーツ政策、障がい者スポーツ】

長野明紀

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース/スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻
【バイオメカニクス】 歩行・走行動作評価システムの研究、全身運動の動力学解析から、身体運動と高次脳機能の関係についてまで研究。英語運用能力、教育指導力に定評がある。

塩澤成弘

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース/スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻
【スポーツ工学】 スポーツ工学の分野で、心身状態の計測手法を開発したり、感性量の定量評価、センサ技術をスポーツ、健康分野で応用するなど、ものづくりに定評がある。

栗原俊之

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース/総合科学技術研究機構
【バイオメカニクス】 MRIなどを用いたヒト生体内部の骨格筋機能および腱特性の評価。超音波法や体脂肪を測定するインピーダンス法などの方法でアスリートの骨格筋量や腱弾性能力の評価の指針を探るなど、応用展開力に優れている。

大塚光雄

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース
【バイオメカニクス】 動作解析、短距離走、ハードル走を研究。機器操作や体育科教育の教育指導力に優れている。

菅唯志

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 スポーツ科学コース
【生理・生化学】 循環器内科学、代謝学を通してスポーツ科学を研究する。展開力、教育指導力に優れている。

藤本雅大

立命館大学
スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 健康運動科学コース
【バイオメカニクス】 研究業績、英語運用能力、教育指導力に優れている。

西山哲郎

関西大学
人間健康学部 人間健康学科 スポーツと健康コース/人間健康研究科 人間健康専攻
【身体文化論、多様な人々のスポーツ】

藤井慶輔

理化学研究所
【バイオメカニクス】 人の身体運動について機械学習などの情報処理技術に使うなど、従来のスポーツ科学に情報工学や制御工学、生物物理学などの考え方を融合させた、「スポーツ情報処理」に取り組んでいる。

稲葉優希

国立スポーツ科学センター
【バイオメカニクス】 卓球、バスケットボールなどの競技力向上のためのスポーツ科学分析をし、現場で科学サポートする応用力に優れている。

興味がわいたら

スポーツメンタルトレーニング教本

日本スポーツ心理学会:編

競技をする上で必要なメンタルトレーニングの具体例や理論的背景、実際の指導事例などが紹介されている。スポーツチームのチームワーク作りの具体的な方法としてソーシャルサポートの活用などが解説されていて興味深い。 (大修館書店)


ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」

荒木香織

あの五郎丸選手をはじめラグビー日本代表を支えた、前メンタルコーチによる、スポーツ心理学のサポートがわかりやすく紹介されている。「ルーティン」はゲン担ぎではない、「平常心」はいい結果を生まないなど、メンタルの鍛え方。スポーツ選手以外にも役立つはずだ。 (講談社プラスα新書)


スポーツを考える 身体・資本・ナショナリズム

多木浩二

部活動で行ってきたスポーツや、テレビで観たり応援したりするスポーツ。これらは身近に感じられる一方で、学問の対象として考えにくいものなのではないだろうか。最近では、スポーツが社会を変化させるほどの影響力を持っているともいわれるが、この本は、スポーツが社会や歴史と無関係ではないことを、様々な視点で紹介してくれる。スポーツに対する見方を拡げてみてほしい。 (ちくま新書)


スポーツサイエンス入門

田口貞善、矢部京之助、伊坂忠夫:編

スポーツ科学に関心をもつ初学者・愛好家に最適な入門書。スポーツ競技における高度のパフォーマンスを実現して高めるための方法やメカニズムを、科学的に解明・追求しようとするスポーツ科学。スポーツパイオメカニクスの研究成果を含め、スポーツ科学全体が学べる本。読者が理解しやすいよう多数の図版を盛り込みながら、高度な話題までを具体的に噛み砕いて解説してくれる。 (丸善出版)


関連する学問

45 健康・スポーツ科学、保健・体育教育
応用健康科学
身体教育学
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ