生物機能・バイオプロセス

植物を深く理解しその能力を引き出して有用物質を創る


岡澤敦司 先生

大阪府立大学 生命環境科学域 応用生命科学類 植物バイオサイエンス課程/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

どんなことを研究していますか?

植物は様々な化合物を創る能力を持っています。例えば、植物に含まれている化合物群に、フェノール性化合物があります。一般には、ポリフェノールとしてよく知られている化合物群で、植物の色素や苦味などの成分です。この中には、抗酸化作用など、ヒトの健康維持や増進に効果のある生理作用を持つ有用物質も多く含まれています。

こうした植物の代謝という自然の営みを深く知るための研究が代謝研究です。代謝研究では、植物がいつ、どこで、どのように化合物を創るのかを、遺伝子、蛋白質、化合物という全ての階層で詳しく調べます。植物が化合物を創る仕組みを理解することで、その能力をうまく引き出すことができると考えています。

紫外線によって植物の有用物質を増産する

image

私たちは特定の波長の紫外線を照射できる LED 光源を用い、モデル植物のシロイヌナズナ中のフェノール性化合物や遺伝子の発現を網羅的に調べ、植物の紫外線に対する応答について新しい発見をしました。つまり、ある特定の波長の紫外線を照射した時だけ増産されるフェノール性化合物を見出しました。

この現象は、シロイヌナズナだけではなく、お茶やダイズ、すだち、ブドウなどでも確認できたので、紫外線照射という簡単な処理だけで、植物の化合物を創る能力を引き出すことに成功したと言えます。

今は、この現象の仕組みを解明し、植物により効果的に化合物を創ってもらえるような技術を開発しています。ゆくゆくは、植物の生産する有用物質を安価に提供したり、機能性の高い食品を供給したいと考えています。

image

学生を個別指導する。右が岡澤先生

学生はどんなところに就職?

一般的な傾向は?
  • ●主な業種は→化学、医薬、食品、化粧品など
  • ●主な職種は→研究・開発
  • ●業務の特徴は→化合物の取扱い技術や分析技術を活用した業務
分野はどう活かされる?

化粧品メーカーで、高機能性成分を含む植物の探索や活用に関する研究に従事している卒業生がいます。

先生から、ひとこと

何にでも興味を持ってその仕組みを自分の頭で考えてみる、考えてみたことをどうやったら証明できるか工夫して実験してみる、わかったことを人に説明してみる、そして、他の人の考えも聞いてみる、その意見も踏まえて考え直してみる。こうしたサイクルが科学では大事です。

先生の学部・学科はどんなとこ

大阪の国公立大学では唯一農学系の研究科があります。農学系と言っても幅広く、栽培からバイオテクノロジーまで学ぶことができ、また微生物から植物、あるいは食品まで研究の対象も様々です。

先生の研究に挑戦しよう

植物のある有用物質に着目し、どのような生育条件でこの物質の含有量が増えるかを分析します。可能であれば、この物質の生産に関わると思われる遺伝子を、いくつか絞り込み、含有量と遺伝子発現量の関係を調べてみましょう。

興味がわいたら~先生おすすめ本

ひらく、ひらく「バイオの世界」 14歳からの生物工学入門

日本生物工学会:編

生物工学分野の専門家の集まりである、日本生物工学会がまとめた書籍。生物工学・バイオテクノロジーの入門書として、iPS 細胞、バイオエタノール、組換え作物など、幅広い話題について非常にわかりやすく、イラストなどもふんだんに活用して解説されている。各話題について執筆しているのは、それぞれの専門家だ。この書籍を読めば、生物工学分野に関する基本的な知識や動向が理解できる。 (化学同人)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環としても、学校法人河合塾により、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ