福翁自伝

福澤諭吉

福澤諭吉は特に明治時代に活躍した学者・ジャーナリストですが、この自伝は幕末期が特に面白く、軽妙な語り口に、読んでいて思わず笑ってしまうことでしょう。

幕末という時代、小さな藩の下級武士の家に生まれた著者が、どんな生き方をしていたか。洋学塾はどんなところだったのか、サムライたちが米欧に渡るとどんな珍事が起こったか、それらのどのエピソードをとっても、時代の持つエネルギーや社会の姿を感じ、皆さんをその時代へと連れて行ってくれるはずです。 (岩波文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ