定理が生まれる 天才数学者の思索と生活

セドリック・ヴィラーニ

数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を2010年に受賞したセドリック・ヴィラーニの日記。数学の研究がどのように行われているかや、定理が証明されるまでの紆余曲折がよくわかる。さらに、現在の超一流数学者の考え方、生き方、そして数学のことばかり考えているわけではない、現代の社会で暮らす数学者の日常生活を知れて面白い。 (池田思朗、松永りえ:訳/早川書房)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ