生物と機械

日本機械学会:編

生物が持つ優れた機能を機械に応用しようという学問がある。生物学・医学と工学との境界領域に位置し、生体工学、バイオエンジニアリングなどの分野だ。本書は生物を工学の目で見て、例えば、生物が持つ形態と強度の関係、自己修復力、センサシステムなどを機械技術にどのように応用できるか解説する。 (共立出版)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ