プラズマ科学

原子が陽イオンと電子に分離して運動する「プラズマ状態」のふるまいを解き明かし、その法則を核融合発電などに利用する~数学、物理学系のプラズマ学

プラズマ核融合   磁気リコネクション   核融合発電   太陽フレア   磁気嵐

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
内田儀一郎
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
浜口智志
工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電気工学コース
【 主な研究者 】
兒玉了祐 村上匡且
工学部 環境・エネルギー工学科 環境・エネルギー工学科目
【 主な研究者 】
北野勝久
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
中井光男 坂和洋一 藤岡慎介

京都大学

工学部 物理工学科 エネルギー応用工学コース
【 主な研究者 】
岸本泰明

九州大学

工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
古閑一憲

東京大学

工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース
【 主な研究者 】
吉田善章
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
井通暁
理学部 地球惑星物理学科
【 主な研究者 】
星野真弘

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
安藤晃 金子俊郎

名古屋大学

工学部 電気電子情報工学科
【 主な研究者 】
大野哲靖 豊田浩孝 石川健治
理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
平原靖大

岩手大学

理工学部 システム創成工学科 電気電子通信コース
【 主な研究者 】
高木浩一 向川政治

宇都宮大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
湯上登

広島大学

工学部 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) エネルギー変換プログラム
【 主な研究者 】
城崎知至 難波愼一
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
檜垣浩之

核融合科学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

金沢大学

理工学域 電子情報学類 電気電子コース

プラズマ科学から電気工学、実験からシミュレーションまで幅広く研究を展開している。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Maryland/メリーランド大学(米)

物理学科

【プラズマ物理】 IREAP(電子工学応用物理研究所)がある。物理教育の専門家がおり、物理実験教育設備が充実している。プラズマ物理の研究でもアメリカで1,2を争う。

主な研究者

研究者詳細

高木浩一

岩手大学
理工学部 システム創成工学科 電気電子通信コース/総合科学研究科 理工学専攻
【高電圧パルスパワー工学、プラズマ理工学】 高電圧のプラズマパルス照射を、キノコ栽培用のホダ木に非常に短い時間繰り返すと、収穫量が増大することを発見。プラズマを生成するためのパルスパワーの技術を使って農業の収穫、保存、輸送、食品加工まで多くの技術開発を進める。

菊池祐介

兵庫県立大学
工学部 電気電子情報工学科 電気工学コース/工学研究科 電気物性工学専攻
【大気圧プラズマ】 温めることが可能なペットボトルの内壁に、ダイヤモンドライクカーボンという新しい薄膜が使用されている。この成膜に用いるプラズマの生成に、大気圧下で成膜できるような技術開発を行う。

沼田龍介

兵庫県立大学
シミュレーション学研究科 シミュレーション学専攻
【プラズマ物理学】 太陽風や太陽表面爆発など、太陽で観測されたプラズマ現象を数式、スーパーコンピュータを用いて解析。プラズマの挙動を再現することで太陽のエネルギー源である核融合反応を用いた核融合発電の実現に役立てる。

金子俊郎

東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 電子工学専攻
【プラズマ医療】 プラズマを用いた遺伝子導入、ナノ材料創成、農業の病原菌のプラズマ不活性化など、幅広く研究。

高橋和貴

東北大学
工学部 電気情報物理工学科 電気工学コース/工学研究科 電気エネルギーシステム専攻
【プラズマ推進機】 プラズマを用いた将来の有人宇宙探査用のエンジンとして期待される電磁加速型の推進機を研究している。オーストラリアとの共同研究などアクティブに活動する。

吉田善章

東京大学
工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース/新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
【ダイポール磁場プラズマ閉じ込め】 宇宙のプラズマが見せる多様な現象を実験室で再現するRT-1プロジェクトを推進。この実験装置では、天体の磁気圏に似た構造のプラズマを安定的に生成することができる。複雑な宇宙のプラズマ現象を理解するために新しい理論の構築も行い、実験と理論両方に取り組む。

田中康規

金沢大学
理工学域 電子情報学類 電気電子コース/自然科学研究科 電子情報科学専攻
【プラズマ科学】 プラズマの核融合エネルギー利用とは別に、もう1つの重要な熱プラズマ研究で国際的にリードする。特にプラズマの気体温度を1万℃の高温まで上げる誘導型熱プラズマを開発し、これを用い機能性ナノ粒子を大量生成することに挑んでいる。

渡邉智彦

名古屋大学
理学部 物理学科/理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻
【核融合プラズマにおける乱流輸送】 プラズマ現象で生じる複雑な乱流や衝撃波を調べるための理論研究として、スーパーコンピュータを使った大規模シミュレーションを行っている。

梶田信

名古屋大学
工学部 電気電子情報工学科/工学研究科 電気工学専攻/未来材料・システム研究所
【プラズマ科学】 国際熱核融合実験炉ITERプロジェクトの主要メンバーとして活動し、高温・高密度プラズマ維持のためのプラズマ計測技術を開発。一方、プラズマを金属に照射し、金属表面を改質しこれまでにない機能性ナノ構造材料金属の創成を行うことで、国際的にリードする研究者である。

北野勝久

大阪大学
工学部 環境・エネルギー工学科 環境・エネルギー工学科目/工学研究科 環境・エネルギー工学専攻/アトミックデザイン研究センター
【プラズマ殺菌】 大気圧低温プラズマを人体に照射するプラズマ医療を、研究医療機器メーカーなどとも連携した大規模な共同研究ネットワークで推進。加えて、漫画を使ってプラズマを紹介したり、テレビでも紹介したりと、普及活動もする。

渡辺隆行

九州大学
工学部 物質科学工学科 化学プロセス・生命工学コース/工学府 化学システム工学専攻
【熱プラズマ】 熱プラズマを用いた環境浄化や材料創成など、幅広い研究をする。

林信哉

九州大学
工学部 エネルギー科学科 エネルギーシステム工学コース/総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻
【プラズマバイオ応用】 プラズマ殺菌、植物の種子発芽、生長促進など、高校生が面白く感じそうな内容の研究が多数ある。

堀勝

名古屋大学
工学部 電気電子情報工学科/工学研究科 電子工学専攻
【プラズマ医療】 プラズマを活用した医療で科学研究費の新学術領域を立ち上げ、取りまとめをした。医工連携の裾野を大きく広げ、世界を牽引する。

白谷正治

九州大学
工学部 電気情報工学科/システム情報科学府 電気電子工学専攻
【プラズマプロセス】 プラズマと材料界面の反応で新学術領域を立ち上げた。プラズマを用いた微細加工や機能性薄膜の創成などを行うプラズマプロセス技術で世界を牽引。

興味がわいたら

トコトンやさしいプラズマの本

山崎耕造

プラズマは人の暮らしのすぐ近くで利用されている。この本で取り扱われているのは、オーロラや雷など自然界のプラズマや、半導体やLED、レーザ、蛍光灯など現在の日本の産業を支えているものから、未来のエネルギー源としての核融合、環境浄化などの応用まで。プラズマ科学という学問全体を、大まかに把握するのによいだろう。 (日刊工業新聞社)


大学1年生のための電気数学 電気回路・電磁気学の基礎数学

高木浩一、猪原哲、佐藤秀則、高橋徹、向川政治

プラズマなどの高電圧の電気工学を学ぶうえで基礎となるのが、電気回路や電磁気学の基礎数学だ。この本の中で使われる数学は高校で学んだものを主としている。電気工学を理解するために必要な基礎数学と高校数学との橋渡しを行うことによって、高校で学習する数学が、電気分野でどのように使われているか、高校生でも俯瞰することができる。 (森北出版)


高電圧パルスパワー工学 EE Text

秋山秀典

高電圧パルスパワーやプラズマ放電の基礎から応用までの成り立ち、高電圧現象のメカニズムなどを知ることができる、大学生向けの専門書。環境保全技術、エレクトロニクス・材料、バイオ・医療などへの応用についても解説している。 (オーム社)


カラー図解 プラズマエネルギーのすべて

プラズマ・核融合学会:編

将来のエネルギー源としてプラズマエネルギーが期待されている。プラズマエネルギーはプラズマ科学を結集させた技術であり、プラズマ科学はその根幹となる学問だ。この本はプラズマ科学のこれまでの研究の経緯が図や写真をもとにわかりやすく解説。例えばプラズマは容易に高エネルギーが得られる特徴を持っているが、核融合反応を発生させるには1億度まで高める必要がある。このような高温プラズマを生成するためのアイデアが示されている。プラズマ科学は高校物理で勉強する電磁気学が基礎になっているが、そうした物理学的な基礎の上に、世界中の研究者は新しい技術開発に奮闘し、実用化をめざして着実に進展していることをわかってほしい。 (日本実業出版社)