デバイス関連化学

おもに有機物・有機化合物を使って、トランジスタ、発光ダイオード、太陽電池に代表される有機半導体デバイスを開発する~電気電子工学につながる応用化学

有機薄膜太陽電池   有機EL   リチウムイオン電池

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

千葉大学

工学部 総合工学科 物質科学コース
【 主な研究者 】
石井久夫 小林範久
工学部 総合工学科 共生応用化学コース
【 主な研究者 】
唐津孝 岸川圭希

山形大学

工学部 高分子・有機材料工学科
【 主な研究者 】
横山大輔 川口正剛
理学部 理学科 化学コース
【 主な研究者 】
松井淳

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
長井圭治 大友明 伊藤繁和
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
平松秀典
工学院 電気電子系
【 主な研究者 】
飯野裕明

東京大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
藤岡洋
工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
加藤隆史
教養学部 統合自然科学科 物質基礎科学コース
【 主な研究者 】
上野和紀

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
石原達己 安達千波矢 安田琢麿
工学部 電気情報工学科
【 主な研究者 】
林健司
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
西堀麻衣子

京都大学

工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
梶弘典 佐藤徹 安部武志
工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
下間靖彦

大阪大学

基礎工学部 電子物理科学科 物性物理科学コース
【 主な研究者 】
夛田博一

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
伊藤肇
工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース
【 主な研究者 】
三澤弘明
理学部 化学科
【 主な研究者 】
村越敬

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
浅井圭介 西原洋知 蟹江澄志

その他の優れた大学

大学詳細

大阪府立大学

工学域 電気電子系学類 電子物理工学課程

【有機エレクトロニクス】

摂南大学

理工学部 生命科学科

【バイオ燃料電池】

北陸先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 応用物理学領域

【有機エレクトロニクス】

奈良先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 物質創成科学領域

【有機エレクトロニクス】

主な研究者

研究者詳細
北村雅季
神戸大学
工学部 電気電子工学科/工学研究科 電気電子工学専攻

【半導体デバイス、有機エレクトロニクス】有機エレクトロニクスの開発研究。プラスチック基板の上に有機物を転写する印刷のような簡単な方法で、デバイスの作製やフレキシブルな基板への作製を可能にする。その方法で大型液晶ディスプレイの高精細化にと取り組む。巻きとれるような薄膜の有機ELディスプレイへの応用研究も。

時任静士
山形大学
工学部 高分子・有機材料工学科/有機材料システム研究科 有機材料システム専攻/有機エレクトロニクス研究センター

【有機エレクトロニクス】

染谷隆夫
東京大学
工学部 電気電子工学科/工学系研究科 電気系工学専攻

【有機トランジスタ】

安達千波矢
九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻/未来化学創造センター

【有機EL】

興味がわいたら

大画面・薄型ディスプレイの疑問100 液晶・プラズマ・有機EL・電子ペーパーはなにが違うのか?

西久保靖彦

誰もが手にしているディスプレイ。その液晶ディスプレイや有機ELディスプレイは「デバイス関連化学」領域の基礎研究が実用化まで達成された例だ。現在も研究が進んでいるが、その専門的な内容を理解するために最低限必要となる基礎的な内容が本書には紹介されている。 (Si新書)


透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術

細野秀雄、神谷利夫

携帯電話や液晶テレビのディスプレイになくてはならない透明金属の不思議に迫る。透明な半導体であるIGZOは、半導体の分野としては研究発表から実用化まで、比較的早く展開した例だ。この本は、その成り立ち、発展、基礎から応用まで知ることが知ることができる。著者の東京工業大学の細野秀雄先生がその開発のリーダーを務めてきた。 (サイエンス・アイ新書)


知っておきたい太陽電池の基礎知識

齋藤勝裕

太陽電池を例に半導体がどのように関わっているのかを知ることができる。また、太陽電池に使われるシリコン、化合物半導体、有機半導体の解説からは、それぞれの材料について知ることができる。 (Si新書)


「薄膜」のキホン

麻蒔立男

原子の厚さの膜を何層も重ねる「薄膜」。物質に薄膜を付けることで、美しさが増したり、電気を通したり、光を反射したりといろいろな機能が付加される。とりわけディスプレイやトランジスタは、半導体、金属、絶縁体の薄膜からできており、薄膜技術はなくてはならない技術だ。その膜の作り方から性質までがわかりやすく記載されている。 (Si新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ