地質学

石油石炭層などの生物の死骸の堆積した土壌を除き、マントルを含めた地面より下の地層・岩石を調査、分析する~環境学、理工学、化学系の地球科学

溶岩   活断層   プレートテクトニクス   海溝型巨大地震

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

理学部 理学科 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
成瀬元 田上高広 千木良雅弘 山路敦

東京工業大学

理学院 地球惑星科学系
【 主な研究者 】
上野雄一郎

東北大学

理学部 地球惑星物質科学科
【 主な研究者 】
井龍康文 長濱裕幸 後藤和久
理学部 地圏環境科学科
【 主な研究者 】
中村教博

新潟大学

理学部 理学科 地質科学プログラム
【 主な研究者 】
豊島剛志 栗原敏之 栗田裕司
教育学部 学校教員養成課程 教科教育コース 理科教育専修
【 主な研究者 】
高清水康博

九州大学

理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
清川昌一

早稲田大学

教育学部 理学科 地球科学専修
【 主な研究者 】
高木秀雄 太田亨
人間科学部 人間環境科学科
【 主な研究者 】
井内美郎

島根大学

総合理工学部 地球科学科
【 主な研究者 】
林広樹 酒井哲弥 亀井淳志 三瓶良和

その他の優れた大学

大学詳細

静岡大学

理学部 地球科学科

【地殻・マントル変動】 静岡県には主要な地質構造や岩石がほとんど存在しており、地球科学の教育研究が盛んである。

高知大学

理工学部 地球環境防災学科

【海洋地質学】 海洋コア総合研究センターは、世界の深海掘削の拠点施設の一つ。最先端の分析機器が揃っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Yale University/イェール大学(米)

地球科学分野

【地球内部レオロジー】 地球内部レオロジーの最先端の研究教育活動をしている。

Université de Montpellier/モンペリエ大学(仏)

地球科学分野

【地球科学全般】 地球に関して幅広く研究するフランスを代表する研究教育機関の一つ。

主な研究者

研究者詳細

道林克禎

名古屋大学
理学部 地球惑星科学科/環境学研究科 地球環境科学専攻
【構造地質学、マントルテクトニクス、地殻・マントルのレオロジー】 マントル地層の主な成分の1つ、かんらん石を対象にその流れの性質を調べる。それによってプレートの沈み込みなどを起こすプレートテクトニクスという表層変動がどう始まり、今後どのように変化していくのか、巨大地震発生などの未来予測をする手がかりになる。

林広樹

島根大学
総合理工学部 地球科学科/総合理工学研究科 総合理工学専攻
【地質学、微古生物学、生層序学、古海洋学、地震学、堆積学】 地層に含まれる微化石を使って、地層の年代を決定する研究。この武器を使って、石油を探査するための地質の調査を行う。都市圏の基盤構造、活断層調査や海溝型巨大地震の震源の解明に利用。津波堆積物の調査から津波防災するプロジェクトに参加。

武藤潤

東北大学
理学部 地球惑星物質科学科/理学研究科 地学専攻
【構造地質学】 地殻の変動現象について、実験や理論そして数値シミュレーションから取り組んでいる。

岡本敦

東北大学
工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース/環境科学研究科 先進社会環境学専攻
【岩石学】 岩石—水反応系を天然の岩石から室内実験や理論まで幅広く取り組んでいる。

平内健一

静岡大学
理学部 地球科学科 地球科学コース/総合科学技術研究科 理学専攻
【構造地質学】 断層線に伴って分布することが多い蛇紋岩について、フィールドから実験まで幅広く取り組んでいる。

須藤斎

名古屋大学
理学部 地球惑星科学科/環境学研究科 地球環境科学専攻
【微古生物学】 非常にアクティブな若手で、一般向け図書の執筆も多数。

片山郁夫

広島大学
理学部 地球惑星システム学科/理学研究科 地球惑星システム学専攻
【岩石変形学】 実験や理論から地球の変動について解決可能なテーマを的確に掲げて取り組んでいる。

大内智博

愛媛大学
理学部 地球科学科/理工学研究科 数理物質科学専攻/地球深部ダイナミクス研究センター
【地球内部レオロジー】 最新の実験装置を駆使して地球内部レオロジーを解明しようとしている。

柵山徹也

大阪市立大学
理学部 地球学科/理学研究科 生物地球系専攻
【火山学】 マグマの成り立ちについて火山岩からマントルかんらん岩まで幅広く研究している。

興味がわいたら

地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門

佐野貴司

超巨大火山とは、破局噴火ともいい、地下のマグマが一気に地上に噴出する壊滅的な噴火形式で、しばしば地球規模の環境変化や大量絶滅の原因となる火山のことを指す。長年超火山を調査してきた著者は、地球内部の大部分を占めるマントルについて、超巨大火山の形成過程モデルの最新の情報を紹介しながら、地球全体のスケールと長い時間軸で何がおきているのか解説する。さらに超巨大火山の噴火が引き起こしたかもしれない生物大量絶滅についても解説する。 (ブルーバックス)


スノーボール・アース 生命大進化をもたらした全地球凍結

ガブリエル・ウォーカー

スノーボールアースとは全地球凍結ともいい、地球全体が赤道付近も含め完全に氷床や海氷に覆われた状態のこと。1992年、米国のジョー・カーシュヴィンク教授がそのアイデアを専門誌に発表したのが発端で、大きな反響を呼んだ。この本は、今も論争を呼ぶこの仮説をもとに、地球がかつて厚い氷で覆われていた時代が確かにあったとして、全球凍結仮説に関する理論や研究者たちが証拠を求めて探索する、生々しい活動が描かれている。 (川上紳一:監修、渡会圭子:訳/ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


海底ごりごり地球史発掘

須藤斎

海洋底掘削船に実際に乗船し、最先端の海洋地質学の研究に取り組んだ若手古生物学者の体験記。海洋地質学や微古生物学の最新の成果について、ジュニア向けにわかりやすく紹介している。特に微古生物学やそれに基づく年代決定については、第4章、目に見えない化石「微化石」、第5章、様々な微化石、第6章、微化石を使って研究する場所を探ると、3章に渡ってくわしく紹介している。 (PHPサイエンス・ワールド新書)


チェンジング・ブルー 気候変動の謎に迫る

大河内直彦

著者は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)に所属する、生物地球化学が専門の研究者。数千メートルの海底にある堆積物を採取し、堆積物の酸素同位体の計測から数万年前の温度を突き止めるといった具合に、この本は、海洋地質とそれによる気候変動予測についてくわしく描かれている。講談社科学出版賞を受賞し、単なる学術書でない良質の科学ノンフィクションという評判が高い。 (岩波現代文庫)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ