応用人類学

人類学の研究成果を健康、暮らし、医療など様々な社会活動の局面に分け入り応用、現代生活に生きるヒトの本性を考える

快適な空間作り   人間工学   被服   デザイン   法医学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

九州大学

芸術工学部 芸術工学科 インダストリアルデザインコース
【 主な研究者 】
樋口重和 綿貫茂喜
工学部 機械航空工学科 機械工学コース
【 主な研究者 】
工藤奨

千葉大学

工学部 総合工学科 デザインコース
【 主な研究者 】
石橋圭太 岩永光一 下村義弘

長崎大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
前田隆浩 青柳潔
環境科学部 環境科学科 環境保全設計コース
【 主な研究者 】
田井村明博

大阪市立大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
小柳光正
生活科学部 居住環境学科
【 主な研究者 】
岡田明

東京大学

理学部 生物学科
【 主な研究者 】
石田貴文
医学部 健康総合科学科
【 主な研究者 】
梅崎昌裕

神戸大学

国際人間科学部 発達コミュニティ学科 アクティブライフプログラム
【 主な研究者 】
中村晴信 近藤徳彦

山形大学

工学部 情報・エレクトロニクス学科 情報・知能コース
【 主な研究者 】
新関久一

大阪国際大学

人間科学部 スポーツ行動学科
【 主な研究者 】
井上芳光

その他の優れた大学

大学詳細

鹿児島大学

医学部 医学科

【公衆衛生学】 鹿児島県の離島をフィールドとして、主に生活習慣病をテーマとしたコホート(分析疫学)研究を長年にわたって継続している。

札幌医科大学

医学部 医学科

留萌市と連携して住民主体の健康推進事業であるコホートピアを創設し、健康づくりへの応用を目指したエビデンス創出に取り組んでいる。

千葉県立保健医療大学

健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

【作業療法学、理学療法学】 国家試験受験資格が得られる。また、研究と臨床の両方が学べる。

東北工業大学

ライフデザイン学部 クリエイティブデザイン学科

【クリエイティブデザイン】 人間中心の工業デザインを学ぶことができる。

千葉工業大学

創造工学部 デザイン科学科

【工業デザイン】 東京に近いがほどよく遠く、地元に根付いた先端教育を受けることができる。


海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

医学部

【ヒトの循環系の生理的メカニズムについて】 ヒトの生理的機能について、全身的にとらえる研究方法論を実践している最先端の研究が行われている。

Technische Universiteit Delft/デルフト工科大学(オランダ)

インダストリアル・デザイン・エンジニアリング学部

【工業デザイン】 世界で名の知れた工業デザインの名門。ただし人間科学という点では日本より遅れている。

主な研究者

研究者詳細
下村義弘
千葉大学
工学部 総合工学科 デザインコース/融合理工学府 創成工学専攻

【人間工学、生理人類学】人類学の成果を生かし、使い手の健康や快適感といった生理的機能を重視したものづくりを行う、生理人類学研究。日常生活で着ることができるセンサースーツの技術開発に取り組む。病後のリハビリテーション、高齢者の寝たきり防止運動に利用が期待される。

石橋圭太
千葉大学
工学部 総合工学科 デザインコース/融合理工学府 創成工学専攻 デザインコース

【生理人類学】立ちくらみを防ぐために電子制御型の下半身陰圧装置を製作。寒冷環境下での睡眠による体温低下も個人差についても研究し、夜間分泌されるホルモンの一つ、メラトニンと関連があることを明らかに。

前田隆浩
長崎大学
医学部 医学科/医歯薬学総合研究科 医療科学専攻/離島医療研究所

【生活習慣病の疫学研究】脳卒中リスク因子としての動脈硬化のメカニズムを再検討する新しい疫学研究。脳卒中は、肥満があり動脈硬化が進行した人に多く発生するイメージがあるが、実際には日本人は、欧米人と比較し脳卒中罹患率は高いが、意外に肥満は少ないことを明らかにした。

樋口重和
九州大学
芸術工学部 芸術工学科 インダストリアルデザインコース/統合新領域学府 ユーザー感性学専攻

【生体リズム】人工的な光環境と生体リズムの専門家。

嶽﨑俊郎
鹿児島大学
医学部 医学科 健康科学専攻/医歯学総合研究科 健康科学専攻

【生活習慣病】鹿児島県島嶼部における生活習慣病研究。

小海康夫
札幌医科大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻/フロンティア医学研究所

【生活習慣病】北海道留萌市の非営利法人、るもいコホートピアで健康増進活動に携わる。

菊池吉晃
東京都立大学
健康福祉学部 作業療法学科/人間健康科学研究科 人間健康科学専攻

【脳科学、脳機能イメージング、認知神経科学】愛、人間性、懐かしさ、自尊心などに関わる脳科学を、ヒトや動物の脳や脊髄の活動を視覚化するfMRI を用いて研究する。

岡田明
大阪市立大学
生活科学部 居住環境学科/生活科学研究科 生活科学専攻

【ヒューマンインタフェース、人間中心設計】人間工学とユニバーサルデザイン研究の大ベテラン。

易強
静岡県工業技術研究所

【ユニバーサルデザイン】腰の筋電と姿勢計測に基づく介護動作の教育指導支援システムの開発、人間―住環境評価システムの構築と快適な高齢者施設の提案などの研究がある。地元企業との具体的な製品開発が多い。

岩永光一
千葉大学
工学部 総合工学科 デザインコース/融合理工学府 創成工学専攻

【人間情報科学】生理人類学、特に理論構築の重鎮。

興味がわいたら

人間を科学する事典

佐藤方彦編

生活におけるさまざまなシーンを対象にして、人間の解剖学や生理学的な仕組みを説明したり、人間の機能からみた物や環境の考え方が示されている。この本には、「応用人類学」という学問領域の研究の基礎となることが多く登場する。応用人類学とは、人類学によって集積された知識の,実際問題への応用のこと。行動人類学ともいわれる。生理学の本ではないので細かく掘り下げるのではなく、“木を見て森を見る”、つまり“人間の各部の機能を見て人間全体を知る”本、といえる。 (東京堂出版)


誰のためのデザイン? 認知科学者のデザイン原論

D.A.ノーマン

この本の副題の「認知科学」とは、人間の知的な認知活動を研究する学問のこと。人間にとって使いやすく、デザイン的に優れた装置やサポートツールは何か、人間を中心に置いて物のデザインをする考え方が書かれている。初版が出たのは1995年だが、この本は増補改訂版。ベースとなる認知科学者のデザイン論に新しいテクノロジーを付加している。 (新曜社)


日本人間工学会ホームページ

日本人間工学会のホームページ。人間にとって使いやすい、わかりやすいさまざまな製品やサービスの実物の事例紹介「グッドプラクティスデータベース」があり、よいデザインの参考になる。また人間工学を学べる大学・機関を調べたいときには、人間工学の総合データベースで検索できる。


日本生理人類学会ホームページ

生理人類学会のホームページ。生理人類学とは何か。人類学の研究対象は「人類」だが、例えば文化人類学ならば人類を文化的観点から研究するように、生理的観点から人類を研究する。具体的な研究例は、例えば同サイトの生理人類学の関連図書案内には、「阪神・淡路大震災と子どもの心身」「森林浴はなぜ体にいいか」「人間を科学する事典 心と身体のエンサイクロペディア」などが挙げられている。この学問が何をするのか、具体的にイメージできるのでないか。応用人類学という学問領域の中心となっている生理人類学について、研究者コミュニティの全体を知ることができる。


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ