建築・住宅系

コンクリートの文明誌

小林一輔

古代ローマにもコンクリートはあった! 道路や橋、ダムやビルなど、建設材料として欠くことができないコンクリート。コンクリートが人間の営みの中でどのように使われてきたのか、なぜ大事なのか。本書はコンクリートを通して古代ローマ、近代、戦時中、高度成長期、そして現代と時代を追って見た、文明の物語である。 (岩波書店)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ