環境系

デイ・アフター・トゥモロー

2004年制作のアメリカ映画。地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々をリアルに描いたパニック映画だ。映画では、地球温暖化により、南極大陸の氷が融解して真水が海へと供給され、海水の塩分濃度の変化を起こした結果、海流の暖流に急変が発生し、これが氷河期を引き起こすとしている。少し荒唐無稽の感もあるが、地球温暖化、環境問題、気候変動、生物事変について考えるきっかけを与える。視覚的に理解しやすく、短時間で多くの人に地球環境への関心を高める効果がある。 (ローランド・エメリッヒ監督、デニス・クエイド出演)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ





みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ