環境問題・防災って、街づくりって

選んでいただいたフィールドの本はこちら。さあ、もっとみてみよう。

環境系

放射線利用の基礎知識

東嶋和子

放射線の基礎的な情報から、放射線の農業、工業、医療への応用までを分かりやすく解説している。放射線に関する知識の入門書として、また、断片的にメディアから得られる放射線情報の整理として、役に立つ本である。 (ブルーバックス)



環境系

エコロジー的思考のすすめ 思考の技術

立花隆

環境問題と呼ばれるような問題には、多数の要因が絡み合っている。その問題の解決のためには、それらの要因の関係を把握し、問題全体を見渡せる視点で理解することが必要で重要であること説いている。海洋のような総合的に考えることが必要な学問分野において、重要な考え方が明快に提示されている。 (中公新書)



環境系

巨大地震の科学と防災

金森博雄

地震や津波のメカニズムやプレートテクトニクス、地震波、地震のメカニズム、地震のマグニチュードなどの基本的な知識が解説されている。さらに、過去に起きた地震や津波の事例、例えば世界最大のチリ地震、昭和三陸地震などを挙げながら、著者がそれらから何を学んできたかについて詳しく述べている。地震の予知・予測に関して重要な、予測・警報など地震・津波防災の現状およびそれに関する重要な課題が挙げられており、“命を守る”ために地震・津波を知ることの重要性が論じられている。著者は、モーメントマグニチュードという巨大地震の正確な規模を考案した地震研究の第一人者。最新の概念“アスペリティ”なども解説している。 (瀬川茂子、林能成:構成/朝日新聞出版)



土木系

首都水没

土屋信行

筆者は、元東京都の土木担当者。日本の首都、東京の水災害に対する脆さと、それに対して行政が対策を後回しにしていることに警鐘を鳴らす。筆者によれば、危ない箇所の1つが東京駅。他にも都内の危険地区を挙げ、対策を述べている。 (文春新書)



環境系

東海・東南海・南海 巨大連動地震

高嶋哲夫

阪神・淡路大震災、東日本大震災を経て、次に起こると想定されている南海トラフ巨大地震に関して、その被害想定結果などにふれ、太平洋沿岸各地の被害予想を述べている。また、来るべき日に備えて具体的な防災対策を論じている。 (集英社新書)



建築・住宅系

世界の夢の集合住宅

世界中から集められた107の美しい集合住宅の写真集。豊かな緑と光にあふれた住まいや、デザイン性の高い未来型住居もあれば、ガスタンクや下水処理場のタンクを活用したものもある。「いろいろあるなあ」「住みにくそうだなあ」で終わらず、どんな生活が展開されているか想像しながら読むべし。 (アフロ、ピーピーエス通信社/パイインターナショナル)



環境系

世界がもし100人の村だったら

池田香代子:再話

世界に存在する貧困や格差を小規模なモデルに置き換えてわかりやすく紹介した本。アメリカの中学校教師が送ったメールをもとにした本。英語の対訳、イラストつき。 (C.ダグラス・ラミス:対訳/マガジンハウス)



謎解き・海洋と大気の物理 地球規模でおきる「流れ」のしくみ

保坂直紀

大気や海洋における大きな規模の自然現象には、地球の回転が大きな影響を与えていることが知られている。これを「コリオリの力」という。その力を理解しないと、黒潮のような海流、高気圧や低気圧にともなう風の場などをよく理解できない。この本を読むと、海洋物理学についての理解が進むだろう。 (ブルーバックス)



環境系

深海生物学への招待

長沼毅

極限状況で生きる生物を追い求める、「科学界のインディ・ジョーンズ」こと広島大学の長沼毅先生の本。地球上のほとんどの生物は、植物による光合成、つまり太陽エネルギーを利用した生物生産に依存している。では、まったく太陽光の届かない深海や地下圏の生物は、どのようなエネルギーに依存して生きているのだろうか。本書は、海底熱水に含まれる硫化水素やメタンなどからエネルギーを生産する「化学合成バクテリア」や、それらのバクテリアを体内に共生させている「チューブワーム」など、驚くべき機能を持つ深海生物について解説。深海に挑んできた先人たちのドラマも生き生きと描いている。 (幻冬舎文庫)



エネルギー・資源系

日本沈没

小松左京

1973年(昭和48年)に刊行された小松左京によるSF小説。「日本人が国を失い放浪の民族になったらどうなるのか」をテーマに据えて、日本列島の沈没をテーマに描かれた小説だが、興味深いのは著者の地球物理学への関心の高さ。日本列島を沈没させるという大掛かりな舞台設定のために駆使されたのが、当時やっと認知され始めていたプレート・テクトニクスであり、この作品はその分野を広く紹介する役割をも果たしたという。映画化もされている。 (小学館文庫)



原発事故と放射線のリスク学

中西準子

リスク学の専門家である著者が、福島の原発事故のリスク評価を行う。関連する専門家や福島県の職員などのインタビューや対談なども掲載しており読みごたえがある。世間で「危ない、危険」と騒がれるものごとについて、原発事故を例にリスク管理の観点から考えることができる。 (日本評論社)



環境系

学んでみると気候学はおもしろい

日下博幸

「気候」という言葉の意味から、地球温暖化の最新研究まで、気候学の基本が学べる入門書。用語や知識から入るのではなく、初めて学ぶ人でも分かりやすいよう、平易な言葉とイメージの湧きやすい説明が中心となっている。 (ベレ出版)



環境系

地球・環境・人間II

石弘之

著者は、東京大学教授、ザンビア大使、国連環境計画顧問などを務めた環境学者。温暖化問題だけではなく、中国の水質汚染など世界の環境汚染地域、途上国に押し付ける電子廃棄物の問題など、広範囲にわたる重要テーマを、データ分析も交えて解説する。 (岩波科学ライブラリー)



建築・住宅系

新版 建築学がわかる。

アエラ編集部:編

建築学の全貌を広く学ぶことのできる一冊。古い建築物に新たな生命を吹き込むリノベーション、公共建築がつくられるプロセスに迫る「プロジェクトの現場」といった話題もある。建築構造に関しては、「耐震から制震へ」というページで、構造制御がどんな理念で、どのように建物に応用されているかを平易に述べられており、「構造制御」について「早わかり」的な内容。 (AERA Mook)



環境系

自然をつかむ7話

木村龍治

この本は、普段の生活で経験したことを科学的な思考で考察し、思いがけない科学の話に広げていく。例えば第1話では、著者が食べた豆腐料理からはじまって、日本書紀に話が発展し、雲のでき方へと話が至る。著者は、東京大学海洋研究所(現、大気海洋研究所)の元教授で、気象学と海洋物理学の分野で活躍した。取り上げられている7つの話の中には、気象学や海洋物理学と関係する話題として、雲や雪のでき方、海洋や大気で起こる対流・循環のしくみが、日常の出来事と関連づけながら説明している。その自由な発想と確かな科学観は、これから科学を志す人たちに、科学の魅力を存分に伝えるだろう。 (岩波ジュニア新書)



環境系

連鎖する大地震

遠田晋次

長年蓄積された地殻の歪みが解放される時、大地震は起こる。そしてそれは、新たな大地震を誘発する。東日本大震災はどのようにして起き、そのことで日本列島はどのように変化したのか。さらに、傷だらけとなってしまった日本列島についても知ることができる本。 (岩波書店)



環境系

図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図

古川武彦、大木勇人

1章の雲のしくみの解説に始まり、雨と雪、気温、風、低気圧・高気圧と前線、台風のしくみと述べ、最後に天気予報のしくみを明らかにする。この本は、気象に関する基本的な原理について、図を駆使して直感的に理解できるように書かれている。 (ブルーバックス)



土木系

川と国土の危機 水害と社会

高橋裕

雨水活用の第一人者である高橋裕先生(東京大学名誉教授)が、今後の日本における水災害の危険性をわかりやすく解説。なぜ、都市域における雨水活用が必要なのかがわかる。 (岩波新書)



環境系

海洋のしくみ

東京大学海洋研究所:編

地球の表面積のほぼ4分の3を占める海はまだまだ謎が多い。海水が塩からいのはどうしてか、海洋の成り立ち、海流の動き、深海底の世界、地球と海との関わりまで、海洋のしくみや海に関する全般的な知識が高校生向けに解説してある。 (日本実業出版社)



環境系

地震前兆現象を科学する

織原義明、長尾年恭

地震の短期・直前予知の重要性はますます高まっており、研究も進んでいるが予知には至らない。著者の長尾年恭先生(東海大学)は、いろいろな地震前兆(地震先行現象)現象に着目し、その解明に挑んでいる。本書は、地球規模で生じる電磁気現象と、電波観測から得られる地震の予兆現象を科学的に考察する。「馬鹿にできない地震発生のうわさ」についても、実例を挙げて紹介している。 (祥伝社新書)


他のジャンルの本もみてみよう

法律・政治・国際 経済、社会 経営・ビジネス
哲学・思想 文学・芸術、歴史・地理
バイオ・医療、健康 食・農、生活 教育・心理
環境・エネルギー、建築・土木 数学・物理、地球・宇宙
テクノロジー・情報
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ