業界【サービス:デザイン・著述、翻訳、芸術家等】

芸術家等

どんな業界?

美術・音楽・演劇・文芸などの芸術作品の創作や演劇の演出、舞台芸術など、様々な表現活動をする。彫刻家、陶芸家、画家、作曲家、演奏家、映画監督、俳優、落語家など昔からの芸術家のほか、コンピュータアーティスト、ゲームクリエーター、マジシャン、パフォーマーなどもいる。活躍の場は、劇場や映画、美術館や画廊といった実在の場、テレビや新聞といったマスコミ、最近はYouTubeやInstagram、noteなどインターネット上にも拡がっている。

open_with 業界の規模(働いている人数):▼▼

(他の業界と比べて、働いている人の人数は少ない)

safety_divider 働いている人の男女比:3:7

重要な学問はこれ!

重要度の高い学問分野を、重要度の高い順に並べました。
その学問分野が学べる大学・研究者をみてみよう。

★5つから☆までで、★が多いほど重要度は高い。


大学院進学も考えるべき?

  • 大学卒 80.9%
  • 大学院修士卒 15.7%
  • 大学院博士卒 3.4%

※大学、大学院修士、大学院博士の3つの最終学歴での比較

school 大学院卒の割合:★

(他の業界と比べて、やや高い)

働いている人に聞きました

filter_1やりがいはある?

  • やりがいを感じる 87.5%
  • やりがいを感じない 12.5%
insights やりがいの高さ:★★★

(他の業界と比べて、大変高い)

filter_2給与に満足してる?

  • 満足している 54.2%
  • 満足していない 45.8%
face 給与満足度の高さ:★

(他の業界と比べて、やや高い)

payments 1年間の給与の平均は:254万円

※20歳~44歳調べ

filter_3将来は人材が足りなくなる?

  • 不足すると思う 35.4%
  • 余ると思う 39.6%
  • わからない 25.0%
psychology 不足すると思う人の割合:▼▼▼

(他の業界と比べて、大変低い)

filter_4次の時代、この業界の変革に期待される学問はこれ!

参考こんな学科出身者が働いている

芸術・デザイン系(音楽・映像・グラフィックなど)学科 ★★★★★
教育学系、教員養成系学科

※出身者の多い順。★5から☆までで、★が多いほど出身者が多い。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ