業界【メーカー・ものづくり:機械】

航空機、航空関連機器等

どんな業界?

航空機と、航空機メーカーに納入する航空エンジンや、離発着時のタイヤや衝撃を緩める装置、制御機器、機体の一部、機体の素材、空調装置、化粧室や椅子などの内装品といった、航空機に関連する機器を作る業界。大型と中型の旅客機はアメリカのボーイング社とヨーロッパのエアバス社の寡占状態にある。日本企業も、小型旅客機や防衛関係の航空機を作っている。航空関連機器では、日本企業も活躍している。

航空機には、ヘリコプター、ロケット、飛行船、気象観測用のバルーン、ドローンのような無人航空機なども含まれる。

open_with 業界の規模(働いている人数):▼

(他の業界と比べて、働いている人の人数はやや少ない)

safety_divider 働いている人の男女比:7:3

重要な学問はこれ!

重要度の高い学問分野を、重要度の高い順に並べました。
その学問分野が学べる大学・研究者をみてみよう。

★5つから☆までで、★が多いほど重要度は高い。


大学院進学も考えるべき?

  • 大学卒 81.3%
  • 大学院修士卒 15.6%
  • 大学院博士卒 3.1%

※大学、大学院修士、大学院博士の3つの最終学歴での比較

school 大学院卒の割合:★

(他の業界と比べて、やや高い)

働いている人に聞きました

filter_1やりがいはある?

  • やりがいを感じる 70.1%
  • やりがいを感じない 29.9%
insights やりがいの高さ:☆

(他の業界とほぼ同じ)

filter_2給与に満足してる?

  • 満足している 65.0%
  • 満足していない 35.0%
face 給与満足度の高さ:★★★

(他の業界と比べて、大変高い)

payments 1年間の給与の平均は:497万円

※20歳~44歳調べ

filter_3将来は人材が足りなくなる?

  • 不足すると思う 57.1%
  • 余ると思う 31.1%
  • わからない 11.8%
psychology 不足すると思う人の割合:☆

(他の業界とほぼ同じ)

参考こんな学科出身者が働いている

機械系(工学)学科 ★★
経済学系学科
語学・外国語系学科
電気・電子系(工学)学科
航空・宇宙系(工学)学科
材料系<金属・セラミックス等>(工学)学科
文学系学科
造船・海洋系(工学)学科
応用化学・物質系(工学)学科

※出身者の多い順。★5から☆までで、★が多いほど出身者が多い。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ