精神神経科学

心の病の治療を目的に薬物療法、予防・診断として脳や行動レベルなどさまざまな次元で精神活動の理解を深める

統合失調症   うつ病   アルツハイマー   てんかん   アルコール依存症

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

浜松医科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
佐藤康二 武井教使

大阪大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
片山泰一

九州大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
神庭重信

京都大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
村井俊哉

金沢大学

医薬保健学域 医学類
【 主な研究者 】
菊知充 橋本隆紀 三辺義雄

新潟大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
鈴木雄太郎 染矢俊幸 澁谷雅子

名古屋大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
入谷修司 小川豊昭 尾崎紀夫

その他の優れた大学

大学詳細

東北大学

医学部 医学科 /脳科学センター

医学薬学・理学・工学・人文科学など多領域の研究教育スタッフが協力して脳科学に取り組む研究所。高校生向けに種々の企画も行っている。

千葉大学

医学部 医学科

【環境生命医学】 子どもの発達と環境に関する大規模な縦断的調査を実施している国内でも数少ない研究施設の一つである。

富山大学

医学部 医学科

【精神医学】

広島大学

医学部 医学科

【精神神経医科学】 脳機能画像解析に加えて、ゲノム解析や網羅的な蛋白質解析、等多角的に精神疾患に関する研究を行っている。日本を代表する精神医学教室。

名古屋市立大学

医学部 医学科

【精神医学】

慶應義塾大学

医学部 医学科

【精神医学】

帝京大学

医学部 医学科

【精神医学】


海外で学ぶなら

大学詳細

Emory University/エモリー大学(米)

Department of Psychiatry and Behavioral Sciences

プレリーハタネズミを用いた社会性に関する研究で世界のトップを走るLarry Young博士が在籍。

Università degli Studi di Trento/トレント大学(伊)

【認知科学分野】 臨床・基礎が一体となった精神疾患研究が展開されている。

主な研究者

研究者詳細

福田正人

群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻

三井真一

群馬大学
医学部 保健学科 作業療法学専攻/保健学研究科 保健学専攻

篠原一之

長崎大学
医学部 医学科/医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻

笠井清登

東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 脳神経医学専攻
自閉症や体内リズムなどに関わる脳内機構を分子レベルで解明していく最先端の研究者です。

山末英典

浜松医科大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻
【精神医学】 脳機能イメージング、遺伝子解析など多彩な手法を駆使して、様々な角度から発達障害の病因解明・治療法開発に取り組んでいる。

村井俊哉

京都大学
医学部 医学科/医学研究科 医学専攻
【精神医学】 新しい取組みを進めている先生です

佐藤弥

京都大学
こころの未来研究センター
【脳機能イメージング】 自閉症患者の社会性障害をもたらす神経基盤委関して質の高い研究成果を挙げている。

三村將

慶應義塾大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻
【精神医学】

池淵恵美

帝京大学
医学部 医学科/医学研究科 医学専攻
【精神医学】 精神疾患の心理社会的サポートのエキスパートです

菊水健史

麻布大学
獣医学部 動物応用科学科/獣医学研究科 動物応用科学専攻
人とペットなどの動物との絆や動物のこころ・社会認知などについてユニークな研究をされています。

興味がわいたら

脳には妙なクセがある

池谷裕二

脳は見たり聞いたりしたことを瞬時に理解し、次にどのような行動を取るべきかを判断している。脳内でどのようなことが起こっているかは不明な点は多いのだが、最近明らかになってきた脳の不思議な活動が述べられている。例えば、恋をすると脳の処理速度が早くなる話、寝ている間に記憶が定着する話、言語を獲得するきっかけとなった遺伝子の話など。筆者は周囲の環境から受ける刺激とそれに対する反応行動が基になり心が形作られてきたと考察している。これまで哲学や心理学といった文系領域で取り扱われてきた脳の働きや精神活動も、今後生物学的な知見に基づいて理解されることにより、精神疾患に対する新たな治療法が開発されると期待される。 (扶桑社新書)


自閉症という謎に迫る 研究最前線報告

金沢大学子どものこころの発達研究センター:監修

自閉症および関連疾患について、精神科医、分子生物学者、脳科学者、社会学者といったさまざまな立場から解説した本。精神発達障害について医学・生物学的な研究はもちろんだが、社会学的な観点からの研究も必要であることが理解できる。文系であってもこうした疾患についての研究を行うことが可能であることが示されている。 (小学館新書)


マンガでわかる! 統合失調症

中村ユキ

統合失調症とは、日本では2002年まで、精神分裂病と呼ばれていた。漫画家である著者は、この精神疾患の自分の母を支えた記録「わが家の母はビョーキです」がベストセラーになった。この本は、同じような思いの当事者に向けた書かれたコミックエッセイ。監修をした群馬大学の精神科医、福田正人先生は「精神疾患をお持ちの方の体験に耳を傾けてください。そこから、心や精神が脳の働きと結びついているということと、人が生きるということの、両方を考えていただければと思う」と言っている。 (当事者のみなさん、福田正人:監修/日本評論社)


統合失調症がやってきた

ハウス加賀谷、松本キック

著者はお笑いコンビの松本ハウス。1990年代、テレビの「タモリのボキャブラ天国」に出ていたこともある。コンビの1人、ハウス加賀屋はその後、統合失調症で表舞台から姿を消した。2009年お笑いの世界に復帰。この本は、本人と彼を支えた相方の松本キックの共著で、その間のことを綴っている。復活後一時期、コンビ名も変えていたが、また松本ハウスのコンビ名を復活。お笑い活動とともに、統合失調症に対する理解を呼びかける講演活動を精力的に行っている――。精神疾患の当事者とそれを支えた隣人の話は精神医学という学問と深く関連している。高校生が読んで理解できる本になっている。 (イースト・プレス)