解析学基礎

ニュートンによって自然界の本質を表現する分析技術として発明された数学的手法=微分・積分法。さらなる分析手法の可能性に挑み、こぼれ出す新たなる謎に迫る

微積分学   ベクトル解析   微分方程式   確率論   確率解析

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

理学部 理学科 数理科学系
【 主な研究者 】
梅田亨 矢野孝次 宍倉光広 日野正訓 堤誉志雄
工学部 情報学科 数理工学コース
【 主な研究者 】
辻本諭
総合人間学部 総合人間学科 認知情報学系
【 主な研究者 】
上木直昌

九州大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
白井朋之 落合啓之 綿谷安男 石井豊 原隆

東京大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
時弘哲治 小林俊行 緒方芳子 坂井秀隆 白石潤一
教養学部 統合自然科学科 数理自然科学コース
【 主な研究者 】
国場敦夫

東北大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
竹田雅好 針谷祐 岡部真也 小川卓克 清水悟

北海道大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
相川弘明 岩崎克則 山下博 戸松玲治 新井朝雄

大阪大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
杉田洋 盛田健彦 内田素夫 冨田直人 林仲夫
基礎工学部 情報科学科 数理科学コース
【 主な研究者 】
貝瀬秀裕 深澤正彰

信州大学

理学部 数学科 数理科学コース
【 主な研究者 】
谷内靖 一ノ瀬弥
理学部 数学科 自然情報学コース
【 主な研究者 】
乙部厳己
工学部 工学基礎部門
【 主な研究者 】
河邊淳 大野博道

広島大学

理学部 数学科
【 主な研究者 】
吉野正史 平田賢太郎 井上昭彦 川下美潮 滝本和広
教育学部 第二類(科学文化教育系) 数理系コース
【 主な研究者 】
下村哲 池畠良
総合科学部 総合科学科 自然探究領域
【 主な研究者 】
阿部誠

慶應義塾大学

理工学部 数理科学科
【 主な研究者 】
勝良健史 厚地淳 井口達雄
総合政策学部 総合政策学科
【 主な研究者 】
河添健
経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
服部哲弥

名古屋大学

理学部 数理学科
【 主な研究者 】
山上滋 杉本充 菱田俊明 粟田英資

その他の優れた大学

大学詳細

神戸大学

理学部 数学科

立教大学

理学部 数学科

早稲田大学

基幹理工学部 数学科


海外で学ぶなら

大学詳細

The Australian National University/オーストラリア国立大学(豪)

主な研究者

研究者詳細

小島武夫

山形大学
工学部 数物学分野/理工学研究科
【無限可積分系、数理物理学】 無限次元空間に取り組む。無限時空を明らかにすると、物理学の模型の厳密解が作れる。その結果、まだよくわかっていない素粒子のふるまいをを記述した微分方程式の解の存在も示せるようになる。ひいては数学におけるすべての理論の大統一ができる可能性を拓く。

白石潤一

東京大学
理学部 数学科/数理科学研究科 数理科学専攻

坂井秀隆

東京大学
理学部 数学科/数理科学研究科 数理科学専攻

中島啓

東京大学
数理科学研究科 数理科学専攻/カブリ数物連携宇宙研究機構

野海正俊

神戸大学
理学部 数学科/理学研究科 数学専攻

神保道夫

立教大学
理学部 数学科/理学研究科 数学専攻

興味がわいたら

フェルマーの最終定理

サイモン・シン

17世紀フランスの数学者フェルマーが残した謎「フェルマーの最終定理」。360年後、アンドリュー・ワイルズによって完全に証明され、ワイルズの定理あるいはフェルマー・ワイルズの定理とも呼ばれるようになった。この本は、フェルマーの謎に挑戦する数学者たちのノンフィクション。数学の分野の醍醐味だけでなく、学問的な難問に挑戦してきた数学者のドラマを通して学問の醍醐味を味わえる。 (青木薫:訳/新潮文庫)


数学の好きな人のために 続・数学をいかに使うか 

志村五郎

著者は日本を代表する数学者。360年間未解決だったフェルマー最終定理の予想の解決に貢献したほか、多くの数学の難問を解決した。保型形式という現代数論で重要な役割を果たす研究の大家である志村五郎博士が数学初心者に向けて数学について、またその学び方をていねいに述べる。線形代数や解析学を知っている人が、それをどう他の数学に役立てていけるかについて書いている。 (ちくま学芸文庫)


数学の大統一に挑む

エドワード・フレンケル

旧ソ連に生まれた数学者フレンケルは、父がユダヤ人ゆえにモスクワ大学は不合格。しかし彼は諦めなかった。現在はアメリカ在住の世界的数学者であり、ラングランズ・プログラムの探求により数学の大統一に挑むフレンケルの自叙伝。彼がいかにこの学問分野の数学を学び、いかに研究を進めたかが生々しく描かれる。また、決して一人の力で数学を極めたわけではなく、人との繋がりの中で数学者として成長していったことがわかる。松本紘京大前総長は「学問とは真実をめぐる人間関係である」と述べているが、個人プレーばかりと思われがちな数学も、真実をめぐる人間関係なのだ。現代数学の様々な概念も式をほとんど用いずに平易に解説されている。 (青木薫:訳/文藝春秋)


神の数式

アインシュタインの有名な数式「E=mc2」はとてもシンプルで、しかもでたらめで複雑な自然のなかから見出された普遍的な法則だ。このようにいわば“神の数式”の探求に挑んだ天才たちの苦悩と創造のドラマ。ヒッグス粒子の発見から超弦理論(超ひも理論)まで最新宇宙論に迫った映像はDVD化されている。物理学者は何をめざしているのか。究極の神の数式=物理学の大統一理論とは何なのかを気楽に学べる。 (NHK)