臨床心理学

精神障害や心身症、心理的な問題や不適応行動などについて調べ、その援助、回復、予防をする応用心理学~文系の教育学から精神医学、精神病理学、精神薬理学へとつながる架け橋

臨床心理士   心身症   認知行動療法   うつ病   依存症

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

千葉大学

教育学部 小学校教員養成課程 教育学選修
【 主な研究者 】
羽間京子

広島大学

総合科学部 総合科学科 人間探究領域
【 主な研究者 】
杉浦義典 岩永誠

九州大学

教育学部 教育心理学系
【 主な研究者 】
古賀聡 佐々木玲仁

東北大学

教育学部 教育科学科 教育心理学コース
【 主な研究者 】
若島孔文

筑波大学

人間学群 心理学類
【 主な研究者 】
沢宮容子 青木佐奈枝
人間学群 障害科学類
【 主な研究者 】
山中克夫

東京大学

教養学部 統合自然科学科 認知行動科学コース
【 主な研究者 】
丹野義彦 石垣琢麿

名古屋大学

教育学部 人間発達科学科 発達教育臨床コース
【 主な研究者 】
金子一史 河野荘子 松本真理子 永田雅子

大阪大学

人間科学部 人間科学科 教育学科目
【 主な研究者 】
佐々木淳 井村修
人間科学部 人間科学科 行動学科目
【 主な研究者 】
佐藤眞一 権藤恭之

その他の優れた大学

大学詳細

新潟大学

教育学部 学校教員養成課程 学校教育コース 教育心理学専修

【臨床心理学、認知行動療法】

目白大学

人間学部 心理カウンセリング学科

【臨床心理学】 私立大学の中では臨床心理学での科研費採択件数がトップであり、様々な領域の研究が活発である。

早稲田大学

人間科学部 健康福祉科学科

【臨床心理学、認知行動療法】 臨床心理学の中でも最も効果が高い認知行動療法について、最も活発な研究や教育が行われている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Los Angeles/カリフォルニア大学ロサンゼルス校(米)

Department of Medicine

【Addiction】 覚せい剤依存の研究について世界をリードしている。

University of Pennsylvania/ペンシルベニア大学(米)

Department of Criminology

【Neurocriminology】 神経犯罪学という最新の研究分野で世界の最先端である。

University of Washington/ワシントン大学(米)

Department of Medicine

【Addiction】 依存症研究についての先駆的な研究者が豊富で研究センターもある。

主な研究者

研究者詳細

原田隆之

筑波大学
人間学群 心理学類/人間総合科学研究科 生涯発達専攻
【臨床心理学、犯罪心理学、精神保健学、アディクション(嗜癖)臨床】 アルコール、薬物、タバコ、性的な悪癖や悪習慣などの心理臨床を行うためのアセスメント・ツールの開発をする

森田展彰

筑波大学
医学群 医学類/人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻
【薬物依存】 薬物依存の治療について精力的に研究を行っている精神科医。

下山晴彦

東京大学
教育学研究科 総合教育科学専攻
【認知行動療法】 子どもの認知行動療法の研究を精力的に行っている、日本を代表する研究者。

神村栄一

新潟大学
教育学部 学校教員養成課程/教育学研究科 学校教育専攻
【認知行動療法、ギャンブル依存】 新潟県、県内市町村の教育委員会、学校との連携で、子どものストレス、学校不適応や子育て支援などに関する調査研究、あるいは介入研究を行う。ギャンブル依存の研究も。

津富宏

静岡県立大学
国際関係学部 国際関係学科 国際行動学コース/国際関係学研究科 国際関係学専攻
【犯罪心理学、犯罪社会学】 エビデンスに基づく犯罪心理学の実践において常に日本を牽引している。

嶋田洋徳

早稲田大学
人間科学部 健康福祉科学科/人間科学研究科 人間科学専攻
【認知行動療法、性犯罪】 認知行動療法について様々な研究を実施。性犯罪の治療についても研究を行っている。

坂野雄二

北海道医療大学
心理科学部 臨床心理学科/心理科学研究科 臨床心理学専攻
【認知行動療法】 認知行動療法についてのわが国の草分けである。

興味がわいたら

入門 犯罪心理学

原田隆之

最新研究に基づいて、犯罪・非行に関連する要因を解説し、それをどのように治療に活かしていくかを具体的事例などを元に紹介している。冒頭に「犯罪心理学上の神話」を紹介し、研究の重要さを解説。また、処罰だけでは犯罪の解決にならないこと、臨床心理学、犯罪心理学的な知見に基づいて、犯罪者の「治療」を行うことが犯罪を抑制するための最も効果的な対策であることを強調している。 (ちくま新書)


診断名サイコパス

ロバート・D・ヘア

犯罪研究の中でも、特にサイコパス研究の第一人者が一般者向けに書いた書籍。罪悪感や良心の呵責、社会規範意識や思いやりといったものに乏しいサイコパス。犯罪者の中核をなすサイコパスの心理について知ることができる。 (小林宏明:訳/早川書房)


マシュマロ・テスト

ウォルター・ミッシェル

目の前の魅力的なマシュマロを口に入れてしまうのか、時が来るのを待って倍量のマシュマロを得るのか。犯罪、依存症などの問題行動に至りやすい人と、学業や仕事で成功を収める人との違いが、小学校の時に実施した「マシュマロ・テスト」で予測できるという興味深い研究を紹介している。 (柴田裕之:訳/早川書房)


羊たちの沈黙

ジョディ・フォスター扮する新米のFBI心理分析官が連続猟奇殺人者と対峙する、トマス・ハリス原作の大ヒットサスペンス映画。犯罪と対峙する心理学者の姿がよくわかる。


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ